FC2ブログ

巣鴨信用金庫さんの四の市に出店させていただきました!

 
 一昨日、巣鴨信用金庫さんの本店3階で開催された四の市にお店を出させていただきました。
 こちらは年に二度、巣鴨信用金庫さんのお客様にご案内をお送りし、取引企業の商品をご紹介する人気のイベントとのことで、今年も3,500名近いお客様がご来場されました。
 当日は開場前から50名ほどのお客様が並ばれ、急きょオープンを20分前倒しし、午後3時の終了時間まで、会場を歩くのも大変なぐらいの混雑となりました。

11-16-2017_20171116145627b14.jpg

 場所柄、ご年配の方が多いとのことでしたので、当社からはインソールのほかに中国の卸売市場で仕入れてきた縁起物やスカーフ、小物なども販売しましたが、一つ一つの商品を時間をかけて品定めされるお客様と接しながら、100円、200円の売上の大切さを、お一人お一人からお金をいただきながら、改めて噛みしめました。
 当社は取引の100%が B to B の商売で、消費者の方と直接お話しする機会がありませんので、大変勉強になりました。

blog.jpg

 巣鴨信用金庫の皆さんは、とてもチームワークがよくて、また、運営も大変スムーズで、お客様はもちろん、出店者の私たちにもご親切にしていただき、皆さんのホスピタリティに感激しました。
 当社のブースは早稲田支店の担当の方が終日お手伝い下さり、お陰さまでインソールがびっくりするぐらいたくさん売れて、感謝しております。
 
 貴重な機会をいただきまして、ありがとうございました。
 また機会がございましたら、是非とも宜しくお願い申し上げます。

IMG_4939.png



スポンサーサイト

大ニュースです! 『毎日洗うインソール』が!!

 
 大ニュースがあります!
 一昨年9月の発売以来、細々とamazonで売って参りました『毎日洗うインソール』ですが、この度、テスト的ではあるものの、東急ハンズ新宿店で販売していただくこととなりました!

 3階の売り場には今週末から並びますし、また、6月の第2、第4の土日には、特設売り場でのプロモーション販売を行います。

 これまでは、通販と企業様の生協だけの取扱いで、ずっと一般の方に手にとっていただけるお店での販売をしたかったので、苦節二年、やっと念願叶って夢が叶います!

 実は、Amazonでも今は月に100足ぐらいずつコンスタントに売れるようになってきており、良い商品と認識さえしていただければ、きっと市場に評価されると信じておりました。

 これまでご愛用、ご支援いただきました皆様、どうもありがとうございました。
 今後とも頑張りますので、応援宜しくお願い致します!!

5種並列

拡大図





若草プロジェクトにご協力お願い致します!

 
 今年5月13日の朝日新聞の記事で『若草プロジェクト』という会の発足を知りました。
 瀬戸内寂聴さんと元厚生省事務次官の村木厚子さんが呼びかけ人となって、相談できる信頼できる大人が近くにいない若い女の子をサポートしようというものでした。

 ここ数年、AOUの社会貢献活動の一環として、ゲームの日のイベントで養護施設のお子さんたちを遊園地やゲームセンターにお招きしていますが、ほとんどの子は大はしゃぎして喜んでくれるものの、中には最初から最後まで笑顔を見せない子や、心に傷を負っているのではないかと思われるようなお子さんもいて、もう少し踏み込んだ支援ができないかと思っていました。
 なので、記事を見て、その場ですぐに問い合わせの連絡をして、賛助会員として申し込みをさせていただき、活動に参加することにしました。
 私の力はあまりにも小さいですが、一人でも多くの子に幸せになってもらいたい、少しでも社会のお役に立ちたいとの一心からでした。

 そして一昨日、支援の方法を勉強するための、『「女の子」たちの今を知り、「信頼される大人になる」ための講座』の第1回目が開催され、出席しました。
 メンバーの方は、弁護士さん、保護司さん、法務省の方など専門家が多く、また、お聴きした内容は、およそ私の周辺では聞いたことがないような、涙が止まらなくなってしまうようなお話ばかりで、場違い感に苛まれ、扱うテーマの重さに愕然としましたが、次第に覚悟が決まり、身が引き締まる思いで講義を聴いて参りました。

 保護されるお子さんのほとんどが将来の夢を聞かれると、「普通になりたい」と答えるそうです。
 すべての子供が安心して幸せに暮らし、無事に大人になれる日が来ることを、心から心から願います。

 どうか一人でも多くの方が支援の輪に加わって下さいますように、この場を借りてお願い申し上げます。
 http://wakakusa.jp.net/


wakakusa.jpg


日本の国力②  頑張ろう!ニッポン!!

 一昨日の朝起きたら、女子サッカー日本代表のなでしこジャパンがワールドカップで優勝していました!
 震災以降、沈んでいた日本に明るいニュースをもたらしてくれて、選手の皆さんには心からのお祝いとお礼を申し上げたいです!!

 経済的にも環境にも恵まれず、苦労の末にアメリカという世界王者を凌駕した彼女たちの原動力とはなんだったのでしょうか。
 それは、私はひとえに彼女たちが常に挑戦者だったということに尽きるということではないかと思っています。 そして、これまで日本との直接対決24戦で一度も負けたことのない王者アメリカには、まさか自分たちが負けるわけがないという、格下の日本チームに対する侮りもあったのではないでしょうか。
 私には今回の一戦の「絶対王者」対「挑戦者」という構図が、日本経済と重なって見えてしょうがありませんでした。

 7/17の日経の一面トップに、日本のお家芸である車、造船、電機の分野が、世界の市場で韓国企業に次々シェアを奪われているという記事が掲載されていました。
 少し前にテレビで「サムスンの世界戦略」というような内容の特番を見たのですが、サムスンは世界の薄型テレビシェアナンバーワンを目指すという戦略を掲げ、そのためにまずしたことは、日本人の技術者を日本企業の約3倍の給料で数百名ヘッドハンティングし、技術力の構築や製品の信頼性の確立を進めるとともに、地域専門化制度といって、新興国各国に年200名程度のマーケティング部隊を送り込み、現地法人を頼らずに住居の手配からはじめ一人ですべての生活基盤作りをさせてみて、実際に生活した上で、国民性や趣味嗜好、一般市民の経済状況などを逐一報告させ、製品や価格帯など、国ごとの戦略を綿密に練った上で進出していったとのことでした。
 また、イメージ戦略という点では、国を挙げて世界中で韓流ブームを起こすために、芸能人養成所は政府もバックアップしているそうですし、各国でデビューしている韓流スターたちは、養成所で芸能的なレッスンの他に、国ごとの言語や文化を学び、どうしたらその国の国民に支持されるか綿密な戦略を元に教育されているとのこと。
 1997年の経済危機で韓国がIMFの管理下になった時、少しでも国を救う助けになるのならばということで、国民がこぞって家で眠っている金(ゴールド)を供出している姿をニュースで見て、あれだけ国全体が一致団結して頑張っているのだから、韓国経済は必ず再生できると思っていましたが、ここ数年の動きを見ても、FTAの推進、冬季オリンピック開催決定、世界各国で同時に起こった韓流ブーム、大統領肝いりでの各国への韓国製品の売込みなど、国を挙げての取り組みで明るいニュースばかり。今まさに、韓国経済は隆盛を極めています。
 ちなみに、日経の記事によれば、韓国の産業用電力は日本と比べ料金が4割程度。法人課税の実効税率も日本の約40%に対し、韓国は24%。FTAなど通商政策の遅れに加え、電力制限など、政策一つとってみても官民一体で経済危機に取り組むどころか、日本ではむしろ国が足を引っ張っているような状況です。

 一方、同じくアジアの中で著しい経済発展を遂げているシンガポールを見ますと、シンガポールは資源の少ない国で、国民にとっては生命線とも言える生活用水でさえそのほとんどを輸入に頼っています。
 資源もなく、水もないシンガポール政府がとった道は、徹底した外国資本の誘致でした。法人税を軽減し(法人課税の実効税率10%以下)、外国資本の会社を設立しやすくすることで世界中の企業のヘッドオフィスやホールディングカンパニーがシンガポールに集結し、シンガポールは目覚ましい経済成長を遂げたのです。

 同じく資源のない日本のとった政策はどうでしょう。
 外国企業の進出を難しくしているどころか、今や日本企業までもが日本から逃げ出そうとしています。7/15付の日経新聞1面トップの記事によれば「社長100人アンケート」で、約4割の経営者が円高の是正や税制の見直しが進まなければ、3年以内に海外に生産拠点などを移さざるを得ないと回答したと掲載されていました。
 かつて私は広島と長崎の原爆資料館を見て、核と放射能が人体に与える影響を目の当たりにして、涙が止まりませんでした。
 世界で唯一の被爆国であり、二度の石油危機を経験した日本が、なぜこれまで国策として日本独自の技術で、自国で賄えるだけのエネルギー政策をとらなかったのか、なぜ原子力事業を推進したのか、不思議でしょうがありません。

 今回の地震による原発事故が起きた時、私は日本の技術力を結集してあっという間に事態を収拾するのではないかと思っていました。それが、汚染水が海に流れ出した時、新聞紙やおがくずで流出を止めているという東電の会見をニュースで見て、がっかりしました。その後の作業でも、ロボットはアメリカ製で、汚染水処理はフランス企業にお願いして……技術大国日本とは、幻想だったのかなとも思います。

 国策で手厚い保護を受けた原子力が日本の足を引っ張り、事業仕分けでスポーツ振興予算を削られ、手弁当であくまでも個々人の努力で頑張ってきたなでしこジャパンが日本を救う。本当に皮肉なことです。

 かつてアジア経済の盟主だった日本は、いいものさえ作っていれば相手が頭を下げて買いに来るという幻想を持ち続け、いつの間にか二番手、三番手に追い抜かれていました。
 王者と挑戦者の戦い方は根本から異なります。今度は挑戦者の立場になったことに気がつかなければ、いつまでも戦略を間違えたままです。
 常に挑戦者の気持ちで挑み続け、とうとう世界の頂上にまで上り詰めたなでしこジャパンになれるのか、これからの日本と日本企業が、たどる道を間違えなければいいなと思います。

 私のような小さな人間が憂えることではないと思いますが、最近のニュースや新聞を見ても、震災以降まだ避難所に暮らしている人が何万人もいて、全国民が心を一つにして頑張らなくてはいけない時に、誰も彼もがちぐはぐなことばかりしているようで、一国民として寂しい思いをしています。

 ちなみに、当社の戦略は当然のことながら挑戦者です。
 日本のゲームセンターオペレーターの皆様の一番のサポーターになりたいですし、世界のゲームセンターで活躍する機械の主役がいつまでもメイド・イン・ジャパンであるために、ただひたむきに頑張るだけです。
 頑張ろう!ニッポン!!

箱根山・・・

 私の好きなことわざに「箱根山、駕籠に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人」という言葉があります。
 世の中には様々な職業があり、皆がつながり合いながら世の中を形成しているというものです。
 どんな職業にもそこで働き生計を立てている人がおり、家族を養っています。

 先日、新しく首長となられた方が特定の業種を指し、東京には必要がないような言い方をされていたのを機に、電力の問題を語る時、業種、職業で議論がされていることに少し違和感を持っております。
 日本国全体がこんな非常事態を迎えている折りに、不必要な電力を無駄遣いしている国民も企業もないと思います。
皆それぞれの立場で、できることに取り組んでおります。そして、仕事の意義とは消費者が決めることで、消費者が支持しお金を払えば、それは世の中にとって必要な仕事なのではないでしょうか。

 今回の震災が起こった時、私の心に真っ先に思い浮かんだのは、最悪の事態となった時でも、いかに社員とその家族を守って行くかということでした。当社の仕事もやはり、電力とは切っても切り離せない業種だからです。

 あの発言で心細い思いをされている方がいるとしたらお気の毒なことです。各方面に影響力をお持ちの方には、世の中が駕籠に乗る人ばかりで形成されているわけではないことに思いを至らせていただけたらと思います。

涙した記事

2011年4月8日(金)

 私が最近涙した記事です

------------------------------------------------------------------------------------------------
 変わり果てた小さな姿をがれきの間で見つけ、母親たちが悲痛な声を上げた。地震と津波、火災に見舞われた宮城県石巻市中心部。ようやく近づけるようになった14日、避難していた住民の多くが、安否の分からない家族を探すために街へ入った。
「あいりーっ。あいりーっ」
 佐藤美香さんは、長女 愛梨(あいり)ちゃん(6)の着ていた服を、黒焦げの幼稚園バスの中で見つけ、泣き叫んだ。
 愛梨ちゃんは11日の地震直後、園バスで帰宅途中に行方が分からなくなっていた。美香さんは14日午前、家族と共に探しに向かった。「迎えに来たよ。パパがおんぶして帰ってくれるよ」。同じ園バスに乗っていたはずの佐々木明日香ちゃん(6)の一家も一緒になった。
 余震の中でも、2人の家族は捜索をやめなかった。2時間後、バスを探し出した。押しつぶされ、黄色かった車体は焼け焦げていた。園児4人と付添いの職員1人の遺体が車内にあった。
 子供たちは抱き合っているように見えた。「みんなで一緒にいたんだね。怖かったね。熱かったね」。美香さんたちは遺体を何度もさすって語りかけた。

------------------------------------------------------------------------------------------------

 小学生の子供のいる母親として、今回の大震災で幼いわが子を亡くされた親御さんたちのお気持ちは察するに余りあります。
 当社も日本赤十字を通じ気持ちをお送りさせていただきましたが、今後も私個人でご支援できることを継続して探して参りたいと思っております。

------------------------------------------------------------------------------------------------
 東日本大震災から20日がたった31日、福島第1原発周辺からの住民避難が続く福島県では、住民が自宅などに放置したペットが問題化している。飼い主が避難所に連れて行けず、放して野良犬化したケースも多いといい、県や保健所が対応に追われている。
 同県食品生活衛生課には27日現在で、「ペットを残して避難してしまったが、どうしたらいいか」との問い合わせが38件あり、「避難のためペットを預かってほしい」との要望も35件寄せられた。「原発20キロ圏内の自宅に犬をつないだまま避難した。何とかしてほしい」との相談もあったが、同課は「圏内への立ち入りはできず、直接行って何かできる状況ではない」と頭を抱える。

------------------------------------------------------------------------------------------------

 一昨日の新聞記事に、防護服を着て退避地域に入った方の元へ、首輪をつけた犬がうれしそうに走り寄ってきたという一文がありました。
 思わず「うちで飼うから、お願いだからその犬を連れてきて!」と叫びました。犬は人間が大好き。誰もいない町の中でどれだけ心細い思いをしているのでしょう。
 もし具体的なお話があれば、是非ともご協力させていただくつもりです。

------------------------------------------------------------------------------------------------
放射性物質を含む汚染水流出など問題が続発する福島第1原子力発電所近くの農家は、健康不安だけでなく風評被害の懸念も強めている。一度は避難したものの「作物を放っておけない」と地元に戻った一家は、手塩に掛けたイチゴなどが全く商品にならない現実に立ちすくんでいる。
 原発から北へ約35キロの福島県南相馬市鹿島区。代々農業を営む鎌田さんのビニールハウスでは、真っ赤に実っていたはずのイチゴが茶色く変色していた。収穫期なのに風評被害で値がつかず、わざと室温を高くして枯らしているのだ。「放射能さえなかったら……」。妻の目から涙があふれた。

------------------------------------------------------------------------------------------------

 こんな時だからこそ応援してあげようと、福島、茨城、千葉、栃木、群馬などの野菜や果物を探していますが、店頭で見ることはほとんどありません。私の同級生が福島で果実農家をしており、他人ごととは思えないのです。
流通業の方、買う買わないの判断は私たち消費者に任せていただけないでしょうか。仕入れのリスクが高いのであれば、「原発風評被害地の野菜・果物セット」などと箱単位で売り出していただければ、着払いの代金引き換えで買わせていただきます。

 私たち被災地から離れた人間に今一番求められているのは、経済的な貢献なのではないでしょうか。私も、募金、消費、納税、色々な形で貢献できるよう頑張りますし、そのためにはまず自分の会社や生活を安定させることが何より大事と思っています。
 天災、人災、色々なことが重なり、日本経済の先行きはイバラの道にも見えますが、私たちには絶対できるはずです!私自身は社会人になってから今が一番燃えています。今年はもっとバリバリ仕事して、どんどん消費して、震災と不況に苦しむ日本のけん引役になります!!

仕事の意義

3月17日(木)

この度の東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになられた皆様に哀悼の意を表しますとともに、被災された方々、ご家族、関係者の皆様に衷心よりお見舞い申し上げます。

平成23年3月11日午後2時46分に発生した東北地方太平洋沖地震は、数々の大震災を経験し、来るべき次の震災に備え覚悟をしていた私たち日本人の想像をはるかに超える規模のものでした。
地震当時、当社の社員は一名を除き事務所内におりました。
いつもは「揺れてるね」ぐらいでやり過ごすのですが、今回の地震はさすがに身の危険を感じ、全員外へ出ました。そして、電信柱や街路樹がぐらんぐらん揺れているのを見ながら、ただならぬ事態を察し、足がガクガク震えました。
その後の惨状は既報の通りで、まさに未曽有の、日本にとっては最悪の事態となりました。
連日の報道の中で私が一番心を揺さぶられたのは、「夫も、娘も、息子も、家族が誰もいなくなってしまった。私は一人になってしまうぅぅ」と泣き崩れる、私と同年代の女性の姿でした。
家族も家も仕事も、すべてを失い、彼女はこの後どのように生きていくのでしょう。
人間の当たり前の日常の幸せを奪い、何万人もの不幸な人間を一瞬にして生み出す、天災というものの怖さが改めて身に刻みこまれる思いでした。

この大地震では、福島県の原子力発電所が被災し、我が国の原子力事業はじまって以来の惨事が続いています。
その後の報道も地震そのものよりも原発事故に関する内容一色ですが、その中で、とあるキャスターの「今も命をかけて作業を続ける方がいます」という言葉が心に残りました。
そして、WEBでこのような記事を見つけ、読んで涙が止まりませんでした。

------------------------------------------------------------------------------------------------
前略・・・・・・12日午後、高圧になった1号機の格納容器内の蒸気を逃がすための弁が開放された。格納容器に亀裂が入る最悪の事態はまぬがれた。その弁を開ける作業にあたった男性は、100ミリ・シーベルト以上の放射線を浴び、吐き気やだるさを訴えて病院へ搬送された。もともと、この作業では、大量の放射線を浴びる危険があった。このため、1号機の構造に詳しいベテラン社員である当直長が作業を担当。「タイベック」と呼ばれる特殊な全身つなぎ服とマスクを身につけ、手早く弁を開けたが、10分超で一般人が1年に浴びてもいい放射線量の100倍にあたる放射線を浴びた・・・・・・後略
------------------------------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------------------------------
福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。
 男性は13日、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した・・・・・・後略
------------------------------------------------------------------------------------------------

今回の地震以降、私は「仕事の意義」というものを今さらながらに考えております。
私はゲーム業界に就職した28年前から、ゲームが社会に貢献する意義を信じ、誇りをもって仕事にあたって参りました。
そしてこれからも私にはこの仕事しかありませんし、国全体が悲観の涙にくれる中、少しでも多くのお客様に笑顔を取り戻し、幸せになっていただくために、私の立場でできることで貢献して参りたいと考えております。
当社の事業が社会を照らす明かりの一つとなれるよう、社員一同鋭意努力して参りますので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
プロフィール

株式会社フロック高倉章子

株式会社フロック高倉章子
新卒でゲーム業界に飛び込み早や35年超、日本のゲームセンターの歴史とともに歩んできた仕事人生でした。世界中のゲーマーとゲームに携わるお仕事をされている方たちが、笑顔になれるお手伝いをさせていただきたいです♪

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR