FC2ブログ

埼玉県の性的被害防止キャンペーンに参加しました

 4月15日、JAIA埼玉県本部の社会貢献活動の一環として、JR大宮駅で、『守ろう!青少年・若年者の性的被害防止キャンペーン』に参加しました。
 埼玉県では、現知事就任後、社会の見守りボランティア隊を強化し、草の根レベルでの犯罪抑止に努め、大変な効果をあげておられます。
 今回は、埼玉県出身のご当地アイドルの皆さんも参加され、かつてないぐらい観衆が集まり、いつもは配るのに苦労する啓発パンフレットも、あっという間に配り終わりました。
 こういったパンフレットの作成には、JAIA埼玉県本部からも協賛させていただいております。
 
 この活動は、まさに私が関わっている若草プロジェクトに通じるものであり、しっかりお手伝いさせていただきました。
 若年女性の皆さん、大人の世界は怖いから、くれぐれも甘い言葉に乗ってはいけませんよ!


IMG_0281.jpg

IMG_0270.png

IMG_0286.jpg


今回配布したパンフレットです ↓↓↓

04-18-2019-6.jpg


04-18-2019 (2)


04-18-2019 (3)


04-18-2019 (4)
スポンサーサイト

2019年はメダルブームの年に!

 新年明けましておめでとうございます。
 本年も更新頻度は少ないかも知れませんが、コツコツ頑張りますので、宜しくお願い申し上げます。

 この1月30日、フロックは創業10周年を迎えます。
 創業の時、まさか10周年を迎える日が来るとは、想像もできませんでしたが・・・過ぎてしまえばあっという間で、振り返ると、ただただすべてに感謝の気持ちしかありません。
 フロックの今年のテーマは「笑門来福」。
 いつも笑顔を忘れずに、お世話になった皆様に、私たちなりにご恩返しできるように頑張ります!

 そしてもう一つ、私のライフワークは「メダル」と「カジノ」です。
 今年は本腰を入れて、「メダルの復興」と「日本版カジノの実現」に向けて頑張ります!

 そんな折り、新年早々朗報が!
 1月1日発行の小学館『幼稚園2月号』に、セガさんのメダルゲーム『バベルの塔』がコラボ付録になりました!
 
https://sho.jp/youchien/32643
※写真は小学館さんのホームページより引用させていただきました。

youchi_1902_main-730x430.jpg

MedalGame_youchien0219.jpg

MedalGame_youchien-2_0219.jpg

 正月休み中、書店をハシゴしましたが、どの書店に行っても売り切れで、ものすごい人気の号になっているようですよ❤
 チビッコたちが夢中になって遊んでる姿が目に浮かびます。
 
 ほら!
 メダルブームの足音が、ヒタヒタ迫って来るのが聞こえませんか?
 今年はメダル大爆発の予感がしますよ(*^^)v



サードプラネットさんのお店でメダルコンペを開催しました!



 一昨日、サードプラネットさんのお店にて、メダルゲーム研究会のメンバーでメダルコンペを行いました!
 今回で3回目になりますが、毎回大変熱く盛り上がる人気のイベントです!
 優勝はバイヨン初代店長の神保さん!
 全員一律1,000枚でスタートし、1時間後のメダルの残数で競いますが、何と獲得メダルは12,000枚超え‼️
 2位が藤井さんの1,439枚ですから、ぶっちぎりの完全勝利です🏆
 メダルの聖地バイヨンを作り上げたメダルマスターだけあって、さすがです!
 
 ちなみに、私は368枚で3位でした!
 1時間ずっと『バベルの塔』をやっていて、途中でジャックポットに入ったのですが、向かい側のサテライトの人がなかなかジャックポットが終わらなくて、30分過ぎたところでお店の方に見ていただいたら、100円玉をどんどん投入して再抽選を続けていて、結局時間内に順番が回って来なかったので諦めました(;;)

 メダルゲーム研究会は、今年はあまり活動出来ませんでしたが、来年はメダル復興に向けてガンガン盛り上がって行きたいと思います!
 とりあえず2019年第1回の活動は、2-3月頃に、メーカーの開発の皆さんにお集りいただき、JAEPOショーで発表された新製品の解説をしていただく予定にしております。

 それにしても、サードプラネットさんのコンペの運営とホスピタリティはパーフェクトでした!
 参加者全員、口々に感動を伝え合いながら帰って来ました。
 勉強になりました。
 率先しておもてなしして下さった児玉社長、大石取締役はじめ、スタッフの皆様には心からの感謝を申し上げたいです。
 本当にありがとうございました✨

ルール説明してます。すごい会場です(@_@)
11.jpg

スタートと同時に参加者が店内に走っていきましたが、ほとんどの方がシグマシングルの前に座っていました(^-^;
12.jpg

開始数分で神保さんがダブルゲーム振り切り!
13.jpg

余裕の笑顔、これでみんなの賭け方が一気に変わりました!
14.jpg

私は、向かいのおばさんにイライラしながらバベル一辺倒で勝負(^^)v
15.jpg

懇親会からは、社長が参加して下さいました!
16.jpg

優勝はそのまま神保さん、ぶっちぎりです!
17.jpg

バイヨンの野村店長は、勝負には負けましたが、じゃんけん大会で優勝し、スタホグッズをGET!
18.jpg

情報交換会も盛り上がりました。
19.jpg

最後は児玉社長自ら作詞作曲されたサードプラネットさんの社歌をご披露していただきました(#^^#)
20.jpg

埼玉県のいじめ撲滅キャンペーンに参加してきました!



 昨日、JAIA施設事業部会埼玉県本部の活動の一環として、浦和市民広場で開催された、いじめ撲滅キャンペーンに参加して来ました。
 埼玉県本部は、地域の社会貢献活動に積極的で、本部長は知事の諮問機関のメンバーにも選出され、県ならびに知事から、何度も表彰、感謝状などいただいております。
 昨日もメンバー6名で、駅で啓蒙パンフレットを配布させていただきました。

 それにしても、これだけ社会的な関心を持たれているにもかかわらず、一向にいじめはなくならず、いじめを苦に自殺されるお子さんも後を絶ちません。
 私たちのこういった活動は大切ではありますが、あまりにも小さ過ぎて、それよりもまず学校教育では、人の命は地球より重く、誰も他人の人権を侵すような行為をしてはいけないことを、勉強よりも先に教えて欲しいです。 
 そして、今苦しんでいるお子さんには、あなたの存在は何よりも大切で、歩んでいくこの道の先には光があふれていることを信じて生きていただきたいです。

 一人の親としても、そんな願いを込めながら、道行く子供たちにパンフレットをお渡しさせていただきました。

ブログ1

ブログ2

ブログ3

ブログ4

ブログ5

ブログ6


 「あなた、誰⁉」と思ったら、法務省のマスコット『人KENまもる君』だそうです。
 ガールフレンドの『人KENあゆみちゃん』は昨日はおらず、お1人での参加になりました。

ブログ7

アミューズメントジャーナル7月号に取材していただきました!


 今月号のアミューズメントジャーナルでメダルゲームに関する特集が組まれ、その中で私が主宰する『メダルゲーム研究会』の活動について、2ページにわたって紹介していただきました。
 
 メダルゲーム研究会は発足してから3年余、メンバーの皆さんが会社の枠を超えて、真剣にメダルゲームの将来について話し合って来ましたので、その甲斐あって、少しずつですが、メダル再燃の兆しがあちらこちらで出始めてきています。

 そんなタイミングでメダルに関する特集を組んでいただき、 業界全体でメダルを見直す機運が高まる起爆剤になってくれたらうれいいですし、これからの展開が楽しみです。

 私がこのアミューズメント業界にご恩返しできるとしたら、なんと言ってもメダルゲームしかないので、益々頑張る所存です!

 アミューズメントジャーナルに関するお問い合わせはコチラまで↓↓
 http://www.am-j.co.jp/

36569251_1801497503262658_5688870280189968384_n.jpg

36485888_1801497486595993_479603660616105984_n.jpg

社会を明るくする運動のお手伝いをして来ました!



 昨日、アミューズメント業界団体の社会奉仕活動の一環として、JAIAアミューズメント施設部会の泉谷埼玉県本部長とともに、JR大宮駅構内で開催された『社会を明るくする運動、非行・被害防止特別強調月間、合同キャンペーン』のお手伝いに参加して来ました。
 
 上田知事のご挨拶では、埼玉県の犯罪は、知事就任当時には約18万件だったのが昨年は6万件に減少し、その原動力となったのが、当時500人から現在約6,000人に増えた、犯罪防止ボランティアの存在だそうです。

 配布するリーフレットには、日本アミューズメント産業協会からも賛同の意味を込めて協賛をさせていただいています。 
 これから夏休みを迎える子供たちが犯罪に巻き込まれないように、一人の親としても、心を込めてを配布させていただきました。

36558232_1799949626750779_7182854540771721216_o.jpg

S__57630766.jpg

36475440_1799949680084107_704729323533238272_o.jpg

36522045_1799949663417442_1692223007319130112_o.jpg

S__57630767.jpg

S__57630768.jpg

神奈川県AOUのラブエイドイベント開催しました!


 昨日は2年ぶりに神奈川県AOUのラブエイドイベントを開催し、神奈川の児童擁護施設のお子さんたち約50名を、ナムコさんの『namco港北TOKYU SC』店にお招きして遊んでいただきました。

 今回お越しいただいたほとんどのお子さんはゲームセンターが初めてということで、歓声を上げて遊んでくれて、中にはクレーンゲームの景品を持ちきれないぐらいに取ってしまった子も!

 たった2時間の短いイベントでしたが、親元を離れて色々なことを我慢して暮らしていらっしゃるお子さんたちが、楽しく遊んだ春休みの思い出を持って帰ってくれたのでしたら幸いです╰(*´︶`*)╯♡

29595280_1690901397655603_5467257015676404122_n.jpg

29597584_1690901480988928_5494283337904094000_n.jpg

お世話になりましたナムコの皆様、一緒に頑張った神奈川AOUのスタッフの皆さん、お疲れさまでした!

28379808_1691118390967237_583206799370011941_n.jpg

JAEPOショーのメダルセミナー大盛況でした!


 JAEPOショーの初日に開催されたメダル活用セミナーは大盛況で、約70名の方にご参加いただきました。
 主催者のお話しでは、これまでのセミナーの中で、最多数の参加者かも知れませんとのことでした。

 メダル運営についてお話し下さった森永さん、セガさんのメダル開発について、大変前向きなお話をして下さった佐藤さん、「とても勉強になりました」と、参加された皆さんからたくさんの賞賛のお言葉を頂戴しました。
 これを機に、メダルに対する意識が高まってくれればうれしいです。
 メダル研究会へのお問い合わせもたくさんいただきました。

 お忙しい中ご参加下さいました皆様には、この場を借りて御礼申し上げます。
 ありがとうございました。
 アミューズメント業界の皆さん、是非またメダルを盛り上げましょう(╹◡╹)♡

blog_201802141648360e1.jpg

blog2_20180214164838a3c.jpg

JAEPOショーのセミナーでお話しさせていただきます!

 
 2018年2月9日より、幕張メッセで開催されるJAEPOショーのJAMMA/SC施設事業部セミナーにて、お話しさせていただくことになりました。
 テーマは「(ゲームセンターにおける)メダルゲームの活用について」です。
 メダルゲーム研究会のメンバーと一緒に、これまで行ってきた研究会の活動についてもご紹介致します。
 参加ご希望の方は、まだお席に余裕がありますので、JAMMA事務局までお申し込み下さい。
 たくさんの方のご参加をお待ち致しております(*^^*)
 
 JAEPOショー公式HP → http://www.jaepo.jp/top.html

メダルセミナー案内2

AOUのラブエイド・イベントが開催されました!


 11月23日は全国的に『ゲームの日』と制定されています。
 http://www.gamesday.jp/gamesday/overview

 『ゲームの日』感謝イベントとして、昨日、AOU(一般社団法人 全日本アミューズメント施設営業者協会連合会)の東京&埼玉合同で、ラブエイド・イベントが開催されました。
 本イベントは今年23回目で、今年も東京善意銀行さんを通じて、浅草花やしきさんに、東京都と埼玉県の児童養護施設から250名をお招きして一日遊んでいただきました。

blog6.png

 オープニングセレモニーでは、東京都の善意銀行さんから、感謝状をいただきました。
 写真はAOUの河野事務局長です。

blog4.png

 事情があって親元を離れて暮らすお子さんたちの中には「遊園地が初めて!」という子も多く、朝のうちはあいにくの雨でしたが、昼頃には青空が見えて、歓声をあげて遊ぶ姿が見られました。

blog3_201711241537295bf.jpg

 運営するメンバーは、TAMOAと埼玉AOU会員会社から選抜された20名です。
 もう手慣れたもので、朝の受付から始まって、お土産の袋詰めから園内の巡回、後片付けまで、今年も抜群のチームワークでイベントを盛り上げました。

blog8.jpg

 たくさん遊んだ帰りには、会員各社から寄付された3,000個のプライズがぎっしり詰まったおみやげ袋を手渡されて、頬を真っ赤にして喜んで帰って行ってくれました。

blog5_20171124153732059.jpg

 来年はJAMMAとAOUが統合し、現在のような形で継続できるかどうかはまだ分かりませんが、子供たちのあんなに喜ぶ姿が見られるこのイベントは、是非とも続けて欲しいと思います。

AOU全国情報交換会2017に参加してきました!


 11月8日、島根県米子市で開催された、AOUの全国情報交換会に参加して来ました。
 今回は全国から約70名が参加し、次年度以降の体制、昨年の規制緩和により実施された営業時間延長について、営業の状況報告など、活発な意見交換がなされました。
 ゲームセンターの売上げは全国的に回復基調にあり、皆さんからは大変前向きな情報が寄せられました。

 AOUは来年3月で解散し、JAMMAと統合されることが決まっていますので、現行の形での会合は今回が最後になりますが、事業部会としては活動を続けます。
 来年の開催地が鹿児島と発表され、皆さんと再会を約束して来ました。

IMG_4580.jpg


 翌日は出雲大社へ。
 お世話になっている宮司様のご紹介で正式参拝させていただく段取りになっていましたが、直前に秋田の母から電話があり、今朝方伯母が亡くなったとのこと。
 お聞きしたところ、やはり血縁者の喪中の参拝は50日間はできませんとのことで、参拝する友達を外から羨ましく眺めました。

IMG_4599.jpg

 伯母は母の姉ですが、飯田橋の逓信病院で婦長をしていた、キャリアウーマンの先駆けのような憧れの人でした。
 独身でしたが、認知症で10年ぐらい前から施設でお世話になっていました。
 小さい時は娘のように可愛がってくれておりましたので、今年のゴールデンウィークに最後に会えたことが何よりでした。
 




namco博多バスターミナル店にて、イーブイちゃんGETしました(*^^)v

 先週末、博多に行って来ました。
 土曜日の夜、お食事の後に、前回JAMMAの視察会でお邪魔させていただいたnamco博多バスターミナル店へ行って参りました。
 このお店は、残念ながらメダルコーナーはないものの、プリクラ、クレーン、ビデオ、音ゲーなどは圧巻のラインナップで、特にキャラクター、IPものの展開が素晴らしく、九州地区の中では、キャラもののリリースの早さ、品揃えは文句なくNo.1とのことで、一見の価値ありなんです!

 ここに、何と! 私がポケモンGO!のモンスターの中で一番大好きな、イーブイちゃんが待っていてくれました。
 難易度はそれなりでしたが、そこはゲーム業界の人間ですから、欲しいもののためには大人なお金の使い方も惜しまず、無事にGETして参りました(#^.^#)
 うちのシロちゃんにそっくりのイーブイちゃん、ようこそ我が家へお越し下さいました❤

19397022_1416441705101575_6194275949303494347_n_20170626183912031.jpg

IMG_4213.jpg



 
 

AOUの通常総会に出席しました


 昨日、東京ドームホテルにて、AOUの通常総会が開催されました。
 AOUは来年4月1日にJAMMAと統合することが決まっており、こういう形での総会は今回が最後になるかも知れません。
 統合の目的は「未だ厳しい現況を打破するため、AOUとJAMMAが大同団結し、業界の課題に対しより強く前向きに取り組むことを目的とする」ということです。

 もちろん一番の狙いはゲームセンター運営に関する規制緩和であり、昨日のお話では、リデンプションについては、いわゆる米国等で展開されている一般的なリデンプションとは違って運用に色々な制限はあるものの、チケットの払い出しについては、既に関係省庁からお墨付きをいただいているとのことです。
 詳しくは説明して下さると思いますので、AOU事務局へお問い合わせ下さい。
 是非、売上UPの一助になってくれるといいですね。

 全国からたくさんのオペレーターさんがいらして、久しぶりに楽しい時間を過ごしました。
 来年からも、形は違えど、皆さんとお会いできる機会は変わらずあると思いますので、協力してこの業界を盛り上げて行きたいです。

06-14-2017_20170614144929ecb.jpg

今年も浅草花やしきで、ゲームの日ラブエイドイベントを実施しました!


 毎年11月23日勤労感謝の日は、全国的に『ゲームの日』として認定されています。
 今年もAOU(一般社団法人 全日本アミューズメント施設営業者協会連合会)では、ゲームの日ラブエイドイベントの一環として、東京都と埼玉県の児童養護施設のお子さん250人をお招きして、浅草の花やしきで一日遊んでいただきました。

 下は3歳から上は18歳まで、みんな入場する時には目をキラキラさせて、駆け足で入って行き、園内のあちらこちらから一日中大きな歓声が聞こえてきました。
 各園の先生から「遊園地自体初めての子供も多いんですよ」とおっしゃっていただき、本当に喜んでくれて良かった!
 帰りには、各プライズメーカーさんより寄贈されたぬいぐるみやおもちゃがたくさん詰まったお土産の福袋をプレゼントし、ここでも興奮して顔を真っ赤にして歓声を上げる子もたくさんいました。

 事情があって親元を離れて暮らすお子さんたち。
 普段は色々我慢していることも多いと思いますが、この日だけは本来の子どもらしい明るい笑顔をたくさん見せてくれて、私たちスタッフ一同心が温かくなりました。

IMG_4931.jpg

AOUからのお知らせです。

↓↓↓

 東京都の招待窓口である、東京都社会福祉協議会・東京善意銀行樣が、近々、ホームページやFacebookに記事を掲載して下さるそうです。
 また、2016年11月29日の東京新聞に、寄付者一覧の形ですが掲載されるとのことです。
http://www.tcsw.tvac.or.jp/zengin/index.html

AOU全国大会2015 in 香川

 10月8日、四国は香川県の金毘羅さんの参道にあるホテルで、今年のAOU全国大会が開催されました。
 AOU全国大会は、北海道から沖縄まで、日本全国のゲームオペレーターさんたちが年に一度、一堂に会し、ゲームセンターの現況報告ならびにこれからの運営について話し合います。
 今年は約150名が参加しました。

AOU.jpg

 到着から開会まで少し時間がありましたので、金毘羅さんにお参りさせていただきました。
 700段以上ある石段を昇り、やっと本社にたどり着いた時には全身汗びっしょりでしたが、そこで本社よりも更に上に奥社があるとお聞きして、どうしても行きたくて、同行の方々には本社で待っていていただき、一人で奥社まで山を登ってきました。
 結局往復2時間以上の石段昇降で、降りた時には膝ががくがくでしたが、金毘羅さんにご挨拶させていただくとともに、アミューズメント業界の繁栄をお願いできてホッとしました。
 ※写真は本社より更に30分登った山頂にある奥社です。

金毘羅さん奥社

 15時30分から始まった第一部の会議では、来年度からのAOU全国大会の開催方法や、各県の都道府県条例の改正についての報告、そして最後に企画運営員会より『リデンプションゲーム』についての紹介と問題提起がなされ、低迷するゲーム業界に一筋の光明の見える会合となりました。

無題2

 第二部の懇親会では、「金毘羅船々」の音楽に乗せて、地元の踊り手さんたちによる伝統の踊りを見せていただきました。

無題

 今回幹事役をおつとめいただいた四国4県のAOUの皆様の温かいおもてなしに心がほっこりしました。
 大変お世話になりましてありがとうございました。

JAEPOショー2015を見て来ました!

 2月13日、幕張メッセで開催されたJAEPOショーを見て来ました。
 全体的には、マニアックさが一段後退して、私にも分かるような、ルールの簡単なゲームが増えたような気がしました。

 
 電子マネー対応のカード決済システムは、加賀電子、セガ&日本ユニカ、コナミの三社が揃い踏みしました。三者三様の良さがあるので、是非ともお客様のニーズを見極めながら、自店に合ったシステムを選んでいただきたいと思います。
 いずれにしても、いよいよゲーム料金の価格政策がとれる下地が整ってきたのではないでしょうか。

 マスメダルは豊作でした! 各社ともプレーヤーの遊び心をくすぐるような、一段ひねったアイデア満載の新製品を展開していました。

コナミ新製品-ブログ用

 そんな中で、一番気に入ったのは、バンダイナムコさんのナレルンダー。プレーヤーがモニターの前に立つと、画面の中で仮面ライダーに変身して戦うことができます。どんなに激しい動きをしても画面の中の自分は手も足も全身仮面ライダーのままです。かわいらしいお子さんが一生懸命手を振り回して画面の中に現れる敵と戦っていました。
 こういうゲームを見るとほっとします。

ナレルンダー ブログ用

 
 JAMMAのSC部会では、とある大手のオペレータートップから「機械に頼るだけでなく、各社が創意工夫していろいろなオペレーションの方法を試してみて、成功したら皆がそれを真似すればいい。当AM業界はそうやって切磋琢磨しながら、全体を底上げしながら発展してきた業界なんですから」というご意見も出て、頼もしく思いました。

 出展マシンだけでなく、色々な角度から、新しい潮流を感じるショーだと思いました。

ゲームセンターを元気にするために

 トヨタ自動車は6日、同社が単独で保有している燃料電池関連のすべての特許約5680件を無償で提供すると発表しました
 特許を無料で使えるようにすることで、燃料電池車の生産や燃料となる水素のステーション整備を後押しし、燃料電池車の普及を加速させる狙いとのことです。

 このニュースを聞いて、思うところがありました。
 昨年末に開催したメダルについての勉強会で、メダルのヘビーユーザーの方をお招きし、「これからのメダルのあり方、将来について」という内容でお話をいただいたのですが、その中の一つに「キャビネットを共有化して、誰もが気軽に開発に参入できるプラットホームがあれば」とのご意見があったのです。

 メダルの開発は年々タイトル数が減少し、バリエーションや選択肢がなくなっていることもメダル衰退の一つの理由と考えられます。
 確かに開発費と購入してからの償却期間を考えると、現状では一番作りにくく売りにくく買いにくいジャンルの一つなのかも知れません。
 
 ですが、それならばなおさら同人誌やアプリのように、思い立った人が誰でも気軽に参入できるような環境を整えることが、ひいてはゲームセンター全体の活性化につながるのではないかというのがその方のご意見でした。

 大手をはじめメーカーの皆様におかれましては、この際、特許や実用新案のようなものを一斉に開放していただき、また、自社の筐体も基板もお使い下さいと、素人が自由な発想でローコストで新規参入できるお手伝いをお願いできないでしょうか。
 素人が作ったものでは、ペイアウト率等、実用品として使えるかどうか、難しいのではというご意見もあるかもしれませんが、それなら、その旨プレーヤーにお断りして、遊ぶだけでメダルの払い出しをしなければいいのです。
 アーケードであれば、そもそも遊ぶだけですから何の問題もないでしょう。
 かつて、ソビエトの科学者がエデュケーション用にと考えた『テトリス』が一世を風靡したように、意外なところからゲームセンターの未来が拓けるかも知れません。

メダルゲームの捲土重来を期して

 先週、平成25年度版の『アミューズメント産業界の実態調査』が発行されました。




 全体では、業務用がわずかに減少、家庭用が盛り返すといった内容になっているようです。

 次に、ゲームセンターの数ですが、風俗営業法第8号の許可を得ている店舗は昭和61年の風営施行当初の26,000軒から、現在はおよそ5分の1の規模となっています。
 確かに、街でゲームセンターを見かける機会はすっかり減ってしまいました。



 一方、セグメント別の売り上げを見ますと、プライズ、音ゲー、また、妖怪ウォッチのヒットによりキッズカードゲームが好調で、半面、メダルゲームとビデオゲームが売上げを落としています。
 特にメダルゲームは今期に入ってからも肌感覚として売上げが下げ止まらず、ゲームセンターの中でもどんどん売り場を減らされているようです。


 
 メダルゲームの祖であるシグマのOGとして、ここ数年のメダルの低迷ぶりは看過できないものがあります。
 先日、シグマの大ファンで、シグマのメダルゲーム機を個人で収集していらっしゃるという方とお会いし、お話を伺わせていただきましたが、軽く衝撃を受けるとともに感じたことは、私たち業界にどっぷり浸かっている人間の常識で考える延長上には、メダルの未来はないのかも知れないということでした。
 実際にお金を使って遊ばれているプレーヤーの方たちの方が、メダルの真髄を理解され、虚心坦懐にメダルの将来を考えていらっしゃるのかも知れません。
 昨日、元同僚とそんな話をした時、奇しくも彼も「最近、真鍋社長が今の状況をご覧になられたら、まだそんなことやってるの?と笑われるんじゃないかって思っていたところでした」とのことでした。

 メダルのことは私たちシグマOB・OGが何とかしなくてはという使命感があります。
 そこで、とりあえずは、これからのメダルの将来を考えていく組織と機会を持ちたいと思います。
 まずはシグマOB有志によるキックオフミーティングを近々開催する予定ですが、その後、プレーヤー、開発者、オペレーターなど、色々な会社、年代、お立場の方にご参加をお願いしたいと思っております。
 メダルの将来について真剣に語り、考えていきたいとおっしゃる方は、是非ともお力をお貸しいただけましたら幸いです。

 11月18日から、アメリカに出張します。オーランドでIAAPAショーを、ロサンゼルスで先端のオムニチャネルの現場を視察し、最後にラスベガスでいくつか商談してくる予定です。
 もちろん、各地でゲームセンター、ショッピングセンターは回ります。
 戻ったら、またここの場でご報告させていただきます。

ゲームセンター営業時間の規制緩和について

 昨日はゲームセンター業界の団体の総会ならびに懇親会がありました。
 年々会員数が減少し、出席者も少なくなってきて寂しいですが、日ごろお会いできないオペレーターさんなどと情報交換させていただき、大変有意義な時間をもつことができました。
 その中で、ご来賓の方がご挨拶された内容をご紹介させていただきます。

①風営法8号営業について
 東京都昨年度のゲームセンター許可店舗数は約560店
 小規模の個人店の廃業が目立ち、大規模化が進んでいる。
②ゲームセンター店舗内での犯罪は1,150件
 内訳は、置引き約400件、すり約200件、暴行傷害約50件、遊びに夢中になり、荷物の盗難に気付かないケースが多い
③東京都内の青少年の補導総数は45,800人
 うち、ゲームセンター内での補導は4,400人(9.6%)
 内容は、立入禁止時間内の立入950人、喫煙ならびに深夜徘徊が450人
 より一層、明るい安全な環境作りが求められている
④ゲームセンターに関連する行政処分
 ・クレーン型ゲーム機の違反(二次交換、高額な商品の提供など)
 ・営業時間外営業違反
 ・店舗内につい立などを置き、店内の見通しを妨げる構造物禁止違反

 青少年補導総数のうち、ゲームセンター内での補導が約10%とのことで、数字だけ聞くと多いように感じますが、実際一番多い内容は立入禁止時間の立入で、これは業界が一貫して求めている規制緩和が実施されれば、そもそも補導の対象にならないことになります。
 現在東京都では16歳未満18時以降、18歳未満22時以降は保護者同伴でもゲームセンターへの立入が禁止されており、たとえば、休日ご家族でショッピングセンターに行き、買い物をしてフードコートで食事をして、19時頃軽くゲームコーナーで遊んで帰ろうかと言っても、16歳未満のお子さんがいらっしゃれば、立ち入りをお断りしなければなりません。もちろん繁華街の店舗についても同様で、ゲームセンターを営業する上でもお客様と一番トラブルになるのがこの件に関する対応なのです。
 
 業界団体AOUの長年の熱心な取り組みもあって、現在多くのゲームセンターのスタッフは「青少年指導員」の資格を有しています。
 午後6時以降もしくは8時以降、16歳未満もしくは18歳未満の青少年が、ゲームセンターを追い出されて行くあてもなく街中をうろうろするよりは、青少年指導員がいて、しっかり管理されたゲームセンターの店内にいた方がよほど健全な気がします。
 
 また、私がゲーム業界に入った昭和の時代は、ゲームセンターは24時間営業していました。昭和60年に改正風俗営業法が施行され、営業時間が24時まで(一部地域は25時まで)になったのです。ですが、今の社会情勢から考えれば、街の防犯の観点からも、コンビニのように24時間開いている店があるというのは、近隣の住民の方にとってむしろ安心のような気がするのですが・・・

 ミュージシャンの坂本龍一さんらの呼び掛けにより、ダンスホール(クラブ、ディスコなど)を風営法の枠から外す議論が本格的になりました。
 賛同する国会議員も多く、実際に法改正のテーブルに乗りつつあるとのことです。
 ゲームセンター営業者が力を合わせて一層の健全営業化を図っていくのは当然のことですが、この機に乗じて、是非ゲームセンターも規制緩和の道に進んで欲しいと願ってやみません。


「鉄の女」になります!

 昨日はTAMOAの総会に出席しました。
 総会の中では、会長、副会長、副会長がご挨拶されましたが、それぞれ異なる業態のオペレーターのお立場でお話しされ、今後のゲーム業界の向く方向を示唆するような為になるお話しでした。
 また、この夏、TAMOAが主体となり、予算をとって、会員各社の店舗を対象に、集客キャンペーンを打つとのこと。
 なんといってもこの業界は、ゲーム機に現金が入ってなんぼの商売ですから是非あの手この手で集客をしていただきたいと思います。
詳細が分かりましたら、またこの場でご紹介させていただきます。

 昨夜お話しした中で、さる社長さんから素晴らしいお言葉をいただきました。
 「コンセンサスなんて、時間の無駄だ!」
 鉄の女と言われたマーガレット・サッチャーさんのお言葉だそうです。
 その社長さんはサッチャーさんのファンで、多くの著書を読まれ、映画もご覧になられたとのこと。
 どんな会社でも、経営にはスピードが何より大事。
 そしてその会社で起きたことは、トップが全責任をおうことになります。
 そういう意味では、確かにトップが決断し、実行する時は、責任のない人間とのコンセンサスに時間を費やすより、自分ひとりで決断し、また責任をとるべき。

 いい言葉ですねー。
 私もこの言葉を胸に、鉄の女になって経営者としての道を全うしようと思いました。

株式会社フロック

業界団体の会合に参加して

 例年5-7月は業界団体の会合が目白押しで、今年は東京都、埼玉県、AOU全国総会、JAMMA総会、AOU関東協議会の5会合に参加させていただきました。
 
 膠着した経済状況下、なかなか上がって来ない売上の中で、同じ業界ですので、現状認識やお悩みは皆さんほぼ同じかと思っておりましたが、オペレーター、メーカー、ディストリビューターで、また同じオペレーターでも運営形態や立地、規模など、メーカーやディストリビューターでも機械、基板、プライズ、中古、新品、国内、海外など、ご商売によってまったくお立場が違っており、今回、皆さんのご意見を伺うことで大変貴重な経験をさせていただきました。
 
 ある会合では、業界の現在の問題点と活性化のためにどうしたらいいかという意見交換会を行ったところ、参加二十数名の方から次のようなご意見が寄せられました。

①メーカーの従量課金と定期バージョンアップのシステム再考を促す
②年少者の入場規制緩和に向けた働きかけ
③業界あげての消費税対策
④日本の既存メーカーに頼らない商品構成
⑤幅広い世代の集客、シニア層の取り込み
⑥海外市場への店舗展開
⑦個店レベルでできる営業努力
⑧デフレからの脱却、値下げ競争をやめる
⑨近年売上好調なプライズの規制緩和
⑩その他

 特徴的なご意見をざっと挙げただけでもこのように、それぞれのお立場からのご発言の内容は様々でした。その中で、当社からは当社の得意分野である中古や海外商社としての立場からの現状認識、意見を述べさせていただきました。

 日々の仕事をする中で、人間はともすれば自分のものの見方が正しいと思いがちですが、同じ事象でも立場によって物事の捉え方がまったく違うということに改めて気付かせていただきました。
 また、これだけ意見が違うのですから、業界全体が一枚岩になって何事かを為すというのはどんなに難しいことなのか、協会活動に携わる皆さんのご苦労にも思い至りました。

 いずれにしても、どの会合も皆さん意識が高く、意見交換も活発で、毎年のことながらとても頼もしい思いで会場を後に致しました。
 
 当社の営業社員は私を含めほとんど店舗営業の経験がありませんし、業界の色々な立場の方のお話を伺うことがとても勉強になります。
 これからも機会があれば私を含め社員も積極的に参加させていただきたいと思っておりますので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

株式会社エース山口公也社長の訃報に接して

 去る5月14日、株式会社エースの山口公也社長がお亡くなりになりました。
 社長とのご縁は遡ること二十数年前、株式会社シグマの『ザ・ダービー・オーナーズ・クラブ』のパーティーで、当時広報としてパーティーの様子を撮影していた私にお声をかけていただいたことが始まりでした。
 その後、私が営業に転身してからも、温かく大きなお人柄が気持ちよく、ちょくちょくお邪魔させていただきました。
 大きな仕事を成し遂げられた方独特の、大眼悟哲の着眼は、この業界に生きる人間として、人の親として、そして私が経営者になってからも、目指すべき道であり、人生の節目節目にご助言をいただいて参りました。
 群れることがお嫌いで、天上天下唯我独尊、独自の地域密着型アミューズメントの礎を築かれた功績は、業界にとっても大きなものだったと拝察致します。
 私にとってはまさに、巨星墜つ……。
 もうお会いできないことが、本当に寂しいです。
 ご遺族の皆様には哀悼の意を表しますとともに、山口社長のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。

AOU全国大会

 9月8日、9日と、AOU全国大会に参加して参りました。今年は北海道ということで人気が高く、史上最高の参加者数だった昨年の沖縄に続き170名以上もの方が参加されました。

 総会の内容は定款の変更ならびに各部会からの活動報告で、部会長はじめ各部会を運営される皆さんは、本業でお忙しい中での活動で本当に頭が下がる思いでした。
 総会の最後にはさる県の会長さんから、栃木県AOUから各県に出された要望書について、収益の低下が続く中、オペレーター団体としてメーカーにもっと協力してもらえるよう働きかけをしていただきたいとの提言があり、それを受けて、今後協会として議論をして行こうということになりました。
 今回限られた時間の中では、踏み込んだ議論は難しいとは思いましたが、業界の礎(いしずえ)は間違いなくオペレーターの収益力であり、ここが揺らげば業界に未来はありません。長引く不況、東日本大震災、原発事故の影響による電力制限、消費税増税論の再燃と、オペレーターにとって厳しい環境が続く中、業界一丸となって業務用ゲーム市場を盛り上げていっていただきたいと、切に願うばかりでした。
 この件につきましては、是非とも継続協議していただきたいです。

 総会と宴会の間に1時間ほど時間がありましたので、札幌市内のゲームセンターを回りました。見られたのは6店舗程度でしたが、メーカー系のゲームセンター、広域オペレーターのゲームセンター、地元オペレーターのゲームセンターと、それぞれ特色がくっきりと浮き彫りにされていました。狭い地域に密集しているのはしょうがないことですが、どちらにも頑張って欲しいと、心の中で応援してきました。
 また、到着時には千歳空港の中にできた共和コーポレーションさんのお店も訪ねてみました。入り口に「AOUの皆さん、ようこそ北海道へ……(以下略)」と書かれたポスターが掲示してあり、店長さんのお気遣いを感じました。到着してすぐに見に行かれて、あのポスターを見てニコっとされた方も多かったのではないでしょうか。店内も空港内という特殊な立地を考慮した素晴らしい運営をされていました。
 千歳空港の中には、ドラえもんミュージアム、ロイズのチョコレート工場、シュタイフ社の等身大の動物のぬいぐるみ動物園など、話題性のある施設がたくさんできていました。北海道に行かれる方は、空港でも十分な時間をとって視察されることをお勧めします。

 二日目は旭山動物園、千歳サーモンパークへ行ってきました。どちらも大変見応えのあるスポットでしたが、何よりも素晴らしかったのは、引率して下さった北海道AOUのスタッフの皆さんです。細部にまでお心配りいただき、思い出に残る楽しい一日を過ごさせていただきました。
 総会からはじめ、宴会、二次会、翌日のゴルフコンペ、観光と、北海道AOUの皆さんからは最高のおもてなしをしていただきました。参加された皆さん大満足でしたし、北海道の大ファンになったのではないでしょうか。
 北海道AOUの皆さん、AOU事務局の皆さん、本当にお世話になりましてありがとうございました。

 一年に一度、全国のオペレーターさんが一堂に会して、同じご飯を食べて、同じお風呂に入り、一緒にレジャーを楽しむ。日常から離れ、普段できない体験を共有することで、業界の一体感が生まれるとても良い機会だと思います。
 来年は当社が所属する神奈川AOUが幹事ですので、皆さんに感動していただけるおもてなしをしなくてはと張り切っております。
 一生懸命頑張りますので、皆さん是非ともご参加下さい。

ゲームセンターの未来

  先週、アミューズメント施設営業者の団体であるAOUの年次総会に参加しました。
ゲームセンターは風俗営業法第8号の許可事業ですが、総会でご来賓の方が前年度のゲームセンター営業所数を7,137軒と発表されました。
 私が捉えている数字と感覚的に少しひらきがありましたので調べてみました。
aas.jpg

※業界団体統計は、業界3団体が毎年発行している『アミューズメント産業界の実態調査』
 からの抜粋です。古いものは手元に資料がないので空欄です。

 改正新風営法が施行され、ゲームセンターが許可事業になったのが昭和60年からで、その後の推移を見て行くと、右肩下がりに施設数は減り続けています。特にリーマンショック以降は施設数もさることながら市場規模も年々減少しています。
 
 先週の木曜日に「政府が6月下旬にまとめる社会保障と税の一体改革案に、2015年までに消費税率を5%引き上げて10%にすることを盛り込む方向で調整に入った」とのニュースが流れました。
 ゲームセンターは基本的に100円玉商売で消費税は内税のまま、企業努力で吸収している状況です。業界をあげて外税方式を模索してきましたが、未だ決定的な解決方法は見つかっていません。
 消費税率を引き上げたとしても、基本的に可処分所得が増えなければ、払った金額の内訳が変わるだけでお財布から出るお金の総額に変化があるとは思えません。ゲームセンターはじめ多くの小売業は「企業努力」という名の一段の社内引き締めで増税分を吸収していくしかないのです。

 震災以降の電力不足の中、当業界は営業時間の短縮やゲーム機の間引き稼働など、売上減に直結するにも関わらず、率先して節電に協力をして参りました。
 そこに追い打ちをかけるような今回の報道に、肩を落とした方も多いのではないかと思っております。

 ゲームセンターの未来を考える時、私の師であるシグマの故真鍋勝紀社長でしたら、今の状況をどのようにご覧になられるでしょうか。
 間もなく五回忌を迎えます。今こそ社長のご意見を伺ってみたいと思います。
プロフィール

株式会社フロック高倉章子

株式会社フロック高倉章子
新卒でゲーム業界に飛び込み早や35年超、日本のゲームセンターの歴史とともに歩んできた仕事人生でした。世界中のゲーマーとゲームに携わるお仕事をされている方たちが、笑顔になれるお手伝いをさせていただきたいです♪

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR