FC2ブログ

G2E LAS VEGAS 2018 視察レポート

 

 2018年10月9~11日にラスベガスで開催されたG2Eショーについて、今年の動向を簡単にまとめました。

 今年の特長は、昨年大々的に各社から出展されたスキルゲームや、また、ちょっと見づらくて意味が分からなかった3D画面などの過度な演出のものが姿を消し、本来のスロットマシンへの回帰が進んだことでしょうか。
 もう一つは、ここ数年の傾向ですが、筐体の背がどんどん高くなり、壁がまったく見えないほど、カジノによっては天井に届くぐらいの高さのスロットマシンもあります。
 そういうスロットマシンは遊ぶ方も一苦労で、何かボーナスフィーチャーが始まる度に上を見上げなければなりません(長くやってると首が痛くなります)。
 ですが、その分演出は華やかで、遠くからでもボーナス獲得がよく分かります。
 あとは、相変わらず映画やアーチスト、コミックなどのIPものが多数ありました。
 
 いつも思うことですが、この辺のゲーム機を日本のメダル市場に持って来ることができれば、メダルコーナーは一気に活性化するのですが・・・いつか絶対に実現したい夢です!

 最後に、ギャンブルの収支のご報告を。
 今回は肋骨を骨折していたことと、出発当日の朝から扁桃腺が腫れて熱が出て、ギャンブルどころではなく、ただ、せっかく行ったので市場調査だけはしなくてはと、這うようにカジノまで降りて行って無欲で臨んだせいか、まあまあ勝ってしまいました。
 昨年の仁川から続けて、カジノではずっと勝ち越し! ですが、こんな小さなラッキーで大きなしっぺ返しが来ないといいなと心配しております。
 
blog1.jpg
blog2.jpg
blog3.jpg
blog4.jpg
blog5.jpg
blog6.jpg
blog7.jpg
blog8.jpg
blog9.jpg
blog10.jpg
blog11.jpg
スポンサーサイト

中国AAAショー視察報告

 4月4-6日と、中国広州市で開催された、AAAショーに行って来ました。
 簡単ですが、ご報告させていただきます。
 
AAAショーのオフィシャルサイトはコチラです
↓↓ 
 http://www.chinaexhibition.com/Official_Site/11-9189-AAA_2018_-_Asia_Amusement_and_Attractions_Expo_2018.html

中国出張報告①

 実は、、、行った早々やらかしてしまいました!
 びっくりするような話ですが、実話です。

 4/4のお昼のJAL便で広州に着きました。
 そのままsisiさんと車でショー会場に向かっている途中で、財布とパスポートの入ったウェストバッグがないことに気付きました。
 たぶん、荷物のX線検査のところに忘れて来たんだと思います(>_<)
 普段X線検査に引っかかったことがなかったのと、前後にたくさん人が並んでいたので、焦ってたんです。
 慌てて空港に電話しましたが、遺失物センターには届いていないとのこと。
 領事館に電話してみたら、明日(4/5)から中国のお休みで三連休なので、手続き上パスポートを発券できるのはその後で、それから中国の入境局にビザを申請し、たぶん帰国できるのは4/11以降とのこと。
 帰国便は4/6なのにー!

 いずれにしても警察への紛失届がいるというので、泣きそうになりながらも、とりあえず行くだけ行ってみようと空港に戻りました。
 そしたら !  なんと、ちゃんと届いてたんです!!
 20万円ぐらい入ってた財布もそのまま手付かずで!!
 ありがとう、中国、そして中国の皆さん(;;)
 またまた中国が大好きになりましたよ。
 それにしても、落としても落としても返って来る私のお財布さんたち、ホントにありがとう!

無題


中国出張報告②

 今回のA A Aショーは、過去最大の規模で、昨年8万平米の出展スペースに対し、今年は13万平米もに増えていたそうです。
 ある方のパーティーでのご挨拶では、業界規模も昨年比40%の伸び率とのことで、どのメーカーも大変勢いを感じました。

 特筆すべきはプライズ機メーカーが益々増えて、なぜかどこも筐体色はピンク。
 女の子が見て飛びつくようなプロモーションを意識しているそうです。
 ディスプレイもプライズのクオリティも、年々上がってきてるような気がします。

 どこの国であれ、アミューズメント産業が隆盛を極めるのは素晴らしいこと、業界人として頼もしく感じながら見てきました(*^^*)

IMG_8743.jpg


中国出張報告③

 今回の出張はたった3日間で、なおかつ初日に事件を起こしてしまって、ほぼ半日を無駄にしてしまいましたので、あっという間に過ぎてしまいました。
 ですが、うれしいニュースがたくさん!
 パートナーのsisiさんが広州に事務所を開設し、フロックの看板を掲げて下さいました。
 南向きのとても素敵な事務所でした♡
 フロックからは、大好きなエサシトモコ先生の仏像招き猫ちゃんシリーズから、孔雀明猫ちゃんをプレゼントさせていただきました。
 厄除け、招福に絶大な力を発揮してくれることと期待しております💛

 中国でいつもお客様のアテンドをお手伝いしてくれる、娘のように可愛がっている子に子供が生まれて、ファミリーが増えました。
 もう1人の娘も、深センで新しい道を見つけ、前に進むそうです。

 お財布とパスポートはなくしましたが、今回ほど嬉しい出張はありませんでした。
 そして、無事に帰れる幸せに感謝したことも💛

 また9月のGTIショーにも行きますからね。
 大好きな家族たち、ありがとうございました(*^^*)

IMG_8781 (003)

仁川のパラダイスシティを視察してきました

 去る10月11~13日、JAMMAのSC部会の会合があり、セガサミーグループが今年4月に韓国仁川にオープンされた『パラダイスシティ』を視察して参りました。

 パラダイスシティは、仁川空港に隣接する、韓国初の統合型リゾート(IR)で、これから日本が目指すIR構想のお手本とも言えるべき事業です。
 既に行かれたことのある業界関係者などからお話を聞いておりましたので、とても楽しみに行って参りました。
 
 到着してすぐに、いくつかのグループに分かれて、館内をご案内していただきました。
 まず最初に驚いたのは、館内のいたるところに展示された、美術品の数々です。
 全館『アート』をテーマにされているそうで、エントランスに置かれたダミアン・ファーストさんの馬のモチーフ4億円、ロビーのルドルフ・スティンゲルさんの絵3億円、 カジノ入口の草間彌生さんのカボチャ1億円etc、置いてあるものすべて億単位で、全館美術館のようでした。
 最後の方には、ちょっと廊下に飾ってあるガラスの置物100万円とか聞いても「大したことないなー」と感じるようになった自分が怖かったですσ^_^;

paradice1_2017102015263021b.jpg

 次に、客室をご案内いただきました。
 普通の部屋でもスイートルームレベルですが、なんと! 1泊約100万円の超豪華スイートルームを見学させていただきました!!
 今後は一生ご縁がない場所と思いましたので、室内をくまなく探検させていただきましたが、たぶん、ここでかくれんぼをしたら、探し出すのにだいぶ時間がかかると思われます。

paradice2_201710201526329e0.jpg

 レストランやバーは、もし日本のどこかにあれば、どのお店もそのまま3ツ星間違いないレベルで、今回食事はパーティーだけでしたので、利用できないのが残念でした。
 最後に朝食だけいただきましたが、野菜中心の豪華ビュッフェで、世界中の高級ホテルの朝食を食べ歩いた私でも、ちょっと今までいただいたことのないレベルでした。

paradice3_201710201526330a4.jpg

 肝心のカジノですが、私のような庶民が数百円から遊べるLOW BETエリアから、1ゲームのMINIMUM BET 20万円以上のHIGH ROLLER向けの個室まで、多種多様なカジノテーブルとマシンが設置されていて、遊びやすいフロアーとなっていました。
 ちなみに、今回里見会長のご厚意で格別のおもてなしをしていただいたにも関わらず、空気の読めない私はスロットマシンでBIG BONUSを何度もひいてしまい、結構なプラスのまま帰ってきてしまいました。
 近いうちに必ずお返しに伺いますので、どうかご容赦下さい。

 全体を通しての感想は、これまでラスベガスやマカオ、ヨーロッパ、東南アジアの各国を回り、結構な数のカジノホテルを見て来ましたが、ここ20~30年にできた一見豪華そうなカジノも、実はよくよく見ると、ディズニーランドのアトラクション内部のようなハリボテ感は否めないなと感じていました。
 しかし、ここパラダイスシティは、一目見ただけで細部にまでわたって本物の技術で作られたものだと思いました。
 前述の通り、館内にある置物、絵画等、すべてが本物の美術品であることからも分かります。
 そして、従業員の方のクオリティも、外国のホテルで感じるような残念さはまったくありません。
 実はこちらには日本のセガサミーグループの各社から約40名の精鋭スタッフが志願して赴任されているとのことで、皆さんプロ意識が素晴らしく、日本式のおもてなしの心が、すみずみにまで行き届いていました。

 来年夏までには、敷地内にショッピングセンター、スパ、美術館、クラブなどの施設が相次いでオープンの予定だそうです。
 カジノで遊ばない方でも、日本からたった2時間程度で行けるこの場所は、是非ぜひおススメしたいリゾートです。
 私もできる限り、できれば年に何度かは訪れたいと思っております。

 最後に、里見会長はじめ、セガサミーグループの皆様には感謝してもし切れないぐらいのご高配を賜りました。
 また、会長には、シグマがラスベガスにカジノホテルをオープンした時にお越しいただいたお話や、真鍋社長との思い出話もお聴かせいただき、感激致しました。
 心から感謝致しますとともに、パラダイスシティのご成功を衷心よりお祈り申し上げております。

paradice4_20171020152634427.jpg

paradice5_20171020152636c93.jpg
 
 
 



 

ラスベガスから無事に戻って参りました

 先週の木曜日にアメリカから帰国しました。
 ご存じのように、ラスベガス滞在中に史上最悪となった銃乱射事件があり、たくさんの方にご心配をいただきました。
 無事に戻って参りましたことをご報告させていただきますとともに、心より感謝致します。
 ありがとうございました。

 事件があった時間は、ラスベガス郊外から市内に戻る途中で、ちょうどストリップ通りに差し掛かったところでした。
 前を走っていた車が急に止まったと思ったらまったく動かなくなり、少ししてから尋常じゃない数のパトカーと救急車が行き交うようになりました。
 知り合いから「何か事件が起きてるようですが、大丈夫ですか?」とメッセージが入り、Facebookで「何か情報ありますか?」と呼びかけをしましたら、事件の一報を伝えるリンクをはじめ、次々と情報をお寄せいただき、重大な事件が起きていることが分かりました。

 大渋滞で膠着して動かない車列から何とか脱出して、時間を掛けて大回りしながらやっとのことでホテルの裏口にたどり着いたら、ホテルの部屋には入れず、宿泊者は全員コンベンションホールに集められていました。
 大荷物を抱えて、一人でしたので、言葉も分からず身動き取れずに困っていましたが、現地の友達がセキュリティと電話で話してくれて、状況を理解することができました。
 その時点ではまだ犯人が何人か分かっておらず、警察の指示でストリップのホテルはすべて閉鎖されたのだそうです。

 そして、ホテルまで送ってくれた友達が車で戻って来てくれたので、とりあえずホテルを出て、ストリップから遠く離れたローカルレストランで食事をして時間を潰しました。
 朝方4時半頃に帰って来たら、ホテルの部屋には入れるようになってました。
 ただし、カジノやレストランはすべて閉鎖して、24時間眠らないはずのホテルが、文字通り灯が消えてシーンとしていて異様な雰囲気でした。
 今思えば写真でも撮れば良かったのですが、その時はそんな余裕はありませんでした。
 そして、寝入りばな、午前6時近くでしょうか、ホテルから安否確認の電話があり、結局寝られたのは7時近くだったと思います。

 実は19時30頃、事件の隣りのカジノホテルにいました。
 あの時すれ違ったかも知れない58人もの方々が亡くなったと聞き、人の生き死にを分けるのは、まさに紙一重の差だと思いました。

 亡くなられた皆様には衷心より哀悼の意を表しますとともに、全米一安全なはずの街ラスベガスで、私にとっても30年以上通い詰めた大好きな街で、こんなことが起きてとても悲しい思いです。
 でも、私はラスベガスが大好きです。
 応援の意味も込めて、是非また訪れたいと思っています。

 明日から韓国に出張です。
 G2Eショーにつきましては、帰国後改めてご報告させていただきます。

ブログ1

事件の翌日の風景です。まだ道路は通行止めになっていました。

ブログ3

一夜明けたら、街は何事もなかったかのようにすべて元通りでしたが、唯一警察官が街のあちこちに、びっくりするぐらいたくさんいました。

明日からアメリカです


 明日からラスベガスに行って参ります。
 この時期はG2Eショーという、カジノ向け機器の展示会があるのです。
 http://www.globalgamingexpo.com/
 シグマがあった時は、毎年出展しており、私も在職中に何度か視察する機会をいただきました。

 カジノ向けのゲーミングマシンはエンターテインメント性に優れていて、見るだけでワクワクして来ます。
 是非日本のゲームセンターにも置いていただきたいのですが、日本はカジノが合法化されていないので、ネバダ州のライセンスを受けたゲーミングマシンの日本への輸出は禁止され、こちらで見られる機会はありません。
 IR法案が可決されて、正式にカジノに入るようになれば、皆さんにも遊んでいかだけるようになり、こんなうれしいことはありません。
 ご期待下さいね。

 今回も向こうでシグマの仲間と会えると思います。
 真鍋社長のご遺志を継いで、みんな、世界中のカジノ業界で活躍してるんですよ。
 こういう時でないと、なかなか交流する機会もないので、それもまた、楽しみの一つです。



プロフィール

株式会社フロック高倉章子

株式会社フロック高倉章子
新卒でゲーム業界に飛び込み早や35年超、日本のゲームセンターの歴史とともに歩んできた仕事人生でした。世界中のゲーマーとゲームに携わるお仕事をされている方たちが、笑顔になれるお手伝いをさせていただきたいです♪

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR