FC2ブログ

ゲームセンターの未来

  先週、アミューズメント施設営業者の団体であるAOUの年次総会に参加しました。
ゲームセンターは風俗営業法第8号の許可事業ですが、総会でご来賓の方が前年度のゲームセンター営業所数を7,137軒と発表されました。
 私が捉えている数字と感覚的に少しひらきがありましたので調べてみました。
aas.jpg

※業界団体統計は、業界3団体が毎年発行している『アミューズメント産業界の実態調査』
 からの抜粋です。古いものは手元に資料がないので空欄です。

 改正新風営法が施行され、ゲームセンターが許可事業になったのが昭和60年からで、その後の推移を見て行くと、右肩下がりに施設数は減り続けています。特にリーマンショック以降は施設数もさることながら市場規模も年々減少しています。
 
 先週の木曜日に「政府が6月下旬にまとめる社会保障と税の一体改革案に、2015年までに消費税率を5%引き上げて10%にすることを盛り込む方向で調整に入った」とのニュースが流れました。
 ゲームセンターは基本的に100円玉商売で消費税は内税のまま、企業努力で吸収している状況です。業界をあげて外税方式を模索してきましたが、未だ決定的な解決方法は見つかっていません。
 消費税率を引き上げたとしても、基本的に可処分所得が増えなければ、払った金額の内訳が変わるだけでお財布から出るお金の総額に変化があるとは思えません。ゲームセンターはじめ多くの小売業は「企業努力」という名の一段の社内引き締めで増税分を吸収していくしかないのです。

 震災以降の電力不足の中、当業界は営業時間の短縮やゲーム機の間引き稼働など、売上減に直結するにも関わらず、率先して節電に協力をして参りました。
 そこに追い打ちをかけるような今回の報道に、肩を落とした方も多いのではないかと思っております。

 ゲームセンターの未来を考える時、私の師であるシグマの故真鍋勝紀社長でしたら、今の状況をどのようにご覧になられるでしょうか。
 間もなく五回忌を迎えます。今こそ社長のご意見を伺ってみたいと思います。
スポンサーサイト

「新鮮」と「前進」

 最近のマイブームをご紹介します。

 第1位は『断捨離』です。以前から気にはなっていたのですが、先日テレビのドキュメンタリーで作者の方を拝見し、そのお考えに触れ、共感を覚えました。
 タイミング的にも、必要に迫られていたこともあります。自宅ではこの度の大震災で被災した両親が引っ越してくることになり、部屋を2つ空けなくてはなりません。また、会社の事務所もスタッフが増えて手狭になり、全員の袖机を廃止するなどしましたが、まだまだ狭く、思いきった片付けが必要です。手始めに自分の机の回りから始めましたが、いらないものが出て来る、出て来る・・・今では捨てることが快感に変わりました!
 創業時に「会社に置いていいのは、法令で保存期間が定められている書類のみ」と決めたはずだったのに、たった2年でこんなに書類や物をため込んでいたなんて!! 
 社員に迷惑そうな顔をされながらも、今日も捨てるものを探して書庫や引き出しをほじくり返しています。

 第2位は、ホットヨガです。今年2月、ずっとユーレイ会員だったスポーツクラブに8カ月ぶりに顔を出し、今日でやめようかどうしようか悩みながらクラブの中を見ていたら、スタジオでホットヨガをやっていました。
 見るのもやるのも初めてで、そっと覗いていたらインストラクターの方が優しく声をかけて下さり、体験してみたら・・・気持ちよかった!! 
 代謝が悪いのか、どんなに暑い日でも日常生活で汗をかくことがなく、熱がこもりやすい体質だと思っていたのですが、室温45℃の中で1時間体を動かしたら、Tシャツが絞れるほどの汗をかきました。そして最初の数回は、終わったとき、自分でも顔をしかめるくらいに汗が臭かったのですが、1カ月を過ぎる頃には汗だくになってもにおいがせず、デトックスを実感しました。
 ヨガの基本は入れて出す。とにかく水をたくさん飲んで排出し、入れ替えることが大切なのだそうです。人間も会社も停滞が澱みを生みます。新陳代謝を活発にし、いつも新鮮な体質でいなくては!!!

 第3位は、菜食です。ここ数年、栄養とアルコールを摂り過ぎました。人間としてこのままではまずいと思い、意識して菜食を心がけています。

 作者の方のお言葉を引用させていただくと、「だんしゃり 断・捨・離とは、自分とモノとの関係を問い直し、暮らし・自分・人生を調えていくプロセス。 不要・不適・不快なモノとの関係を、文字通り、断ち・捨て・離れ、引き算の解決方法によって停滞を取り除き、住まいの、暮らしの、身体の、気持ちの、人生の、新陳代謝を促す・・・住まいが、片づかないという悩みはもとより、身体の不調、煩わしい人間関係、忙しすぎる状況をも解決していきます」とのこと。
 なんて素晴らしい!!

 人間はいったんぬるま湯に浸かるとなかなか抜け出すことができず、環境を変えることに心と身体が抵抗します。
 この度の震災が私に喝を与えました。そろそろたるみ始めた心と身体に鞭を打って、「新鮮」と「前進」にまい進したいと思います。

GTIショーを視察して

 台北のGTIショー(http://www.gtiexpo.com.tw/)に行って来ました。GTIショーは4年前、2年前、今回と、3回目の視察ですが、以前とはショー全体の印象がまるで違っていました。
 4年前に初めて見たときは、20年前の日本のショーを見ているような、どこか懐かしい感覚にとらわれました。日本の機械が出展マシンのメインではありましたが、台湾独自の大中小様々なメーカーがあって、出展ジャンルも幅広く、業界全体のまとまりを感じてアットホームな雰囲気が居心地よくて……。
 2年前は、中国市場を意識した機械が多く出始めたものの、まだまだネットワークやモバイルとは無縁の、スタンドアローンで遊べるアーケード、カーニバル系が中心のローテクの機械が多かったように思います。
 そして今回の印象は、まず一つには、中国をはじめとするアジアで成功した会社とそれ以外の会社に大きく差がついたように感じました。数社は大変勢いを感じましたが、それ以外のメーカーは申し訳程度に細々と頑張っているような。そして大手メーカーのブースにはネットワークやモバイル通信が前提の機械が出始めました。
 台湾は国土も狭く、ゲームセンターには厳しい法規制もあり、自国での内需が見込めない以上、いかに外国へ打って出るかしか成長の道はないのですが、そこで行動を示したかどうかがメーカーとしての成否を分けたのかなと思います。
 いずれにしてもたった4年のウォッチャー歴ではありますが、日本のアミューズメント業界が20年かけて進んだ道を、わずか数年でたどったのではないかと、感慨深い思いで見てきました。

 ショー期間中は、各国から来られたお客様にご挨拶させていただきました。皆さんから商談の前には必ず今回の震災についてのお見舞いや励ましのお言葉をいただきました。そしてパーティー会場では見知らぬイタリア人の女性がわざわざ日本人のテーブルに来られて「世界中の人々が日本を、日本人を応援している。あなた達は必ず立ち直ることができる。同じアミューズメントに携わる者として、私は信じている」と、涙ながらに励まして下さり、私も思わず感激して抱き合って泣いてしまいました。

 今回出会った台湾の方々に震災の義援金のお礼を申し上げると、皆さん必ず「10年前の大災害の時に、日本からたくさんの援助をいただき、台湾人は皆大変感謝している。今度はそのお返しだから」とおっしゃいました。恥ずかしながら、10年前に台湾に大災害があったことを忘れていましたし、その時も私自身はせいぜいコンビニのレジ前の募金箱にお釣りを何度か入れただけだったと思います。今回被災された旧知の宮城県在住の方が、「この度の大震災では、人の優しさ、思いやり、コミュニティの大切さを改めて実感しました」とおっしゃっていましたが、世界全体が一つのコミュニティと思えば、私は隣人への思いやりを忘れていたように思います。もっと隣人の不幸や寂しさ、心細さに寄り添える人間にならなければ! 生きている間に気づくことができてよかった!!
 それにしても「情けは人のためならず」とは、昔の人はよく言ったものです。しみじみその言葉を噛みしめました。

 当社は節電のため、事務所蛍光灯の半分消灯、エアコンの温度高め設定を実施しております。その一環として、社員のクールビズを早めに実施させていただきます。当社の社員と商談の折りには、その点につきましてご理解いただきますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

ゴールデンウィークのはじめに・・・・・・

 4月は29・30日がお休みのため、28日は社員総出で月末の伝票処理を頑張りました。21時半ぐらいに大体のめどがつき、「これで休日出勤せずに済んだね。みんな明日からゆっくり休もう!」と言って解散し、ゴールデンウィーク前半の休みを迎えたのですが…・・・

 29日の朝、どうしても身体が言うことをきかず「おかしいな・・・」と思ったら、熱が39度1分ありましたT.T 熱のせいか身体の節々が痛くて、寝てもすぐに関節や背中の痛みで目が覚め、鎮痛剤を何度も飲んで切れ切れの眠りをつなぎ。
翌日の朝も39度5分。一応病院でインフルエンザ検査をし、陰性を確認。風邪薬が効いたのか、やっと少しまとまった眠りがとれ。
 翌日の朝は38度5分、寝過ぎたのか眠気も起きず、でもだるくて起き上がれず、テレビをぼんやりと見て過ごし、年のせいか普段から涙もろいのですが、身体が弱っていたせいもありますます涙腺が弱くて、情報番組などで震災関係のニュースや特集を見ると、被災地や被災された方が画面に出てくるだけで涙があふれて。
結局3連休は寝ているだけの休養日となりました。

 多くの方が同じ思いを共有されているのではないかと思うのですが、あの大震災以降、なんとも言えない無力感、脱力感が身体を襲い、もう3.11以前には戻れないという思いと映像がフラッシュバックして、時として身体が足元から崩れてしまいそうな感覚にさいなまれることがあります。
 ただ、普段はゆっくり見ることのないテレビを見ながら、若いアーチストやアスリート、世界選手権を制したスケーター、そして市井の人々が、自分にできることとして、それぞれのやり方で被災地へエールを送っている姿を見て、日本もまだまだステキだな、私も負けてられないなという気持ちになりました。
 今回の震災にあたりましては世界各国から温かいご支援、ご声援が寄せられています。当社のお客様からもたくさんお見舞いのお電話、メールをいただきました。元に戻れないのなら、どうやって前に進むか考えるしかありません。必ず立ち直って恩返ししていかなければ。

 5日から台北で開催されるGTIショーの視察に行って参ります。
今朝のニュースで台湾からの義援金が140億円を超えたと報道されていました! 日本国民を代表して、台湾の皆様にお礼を申し上げなくては!!
 またご報告させていただきます。
プロフィール

株式会社フロック高倉章子

株式会社フロック高倉章子
新卒でゲーム業界に飛び込み早や35年超、日本のゲームセンターの歴史とともに歩んできた仕事人生でした。世界中のゲーマーとゲームに携わるお仕事をされている方たちが、笑顔になれるお手伝いをさせていただきたいです♪

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR