FC2ブログ

日本にカジノがオープンする日

 去る1月20日、新日本有限責任監査法人様主催の「IR推進法案の論点セミナー」に行って来ました。
 プログラムは以下の通りです。

第1部 萩生田光一衆議院議員(国際観光産業振興議員連盟所属)
    IR推進法案導入に関する背景・議論
第2部 木曽 崇(株式会社国際カジノ研究所所長)
    海外カジノの事例紹介
第3部 渡邉雅之(弁護士法人三宅法律事務所)
    カジノに関する法的論点
第4部 前田泰宏(新日本有限監査法人)
    カジノに関するPPP関連の論点

 情報として分かっていた部分もあり、初めて聞く部分もあり、いずれにしても大変勉強になりました。
 IR法案に関する議論はまだ緒に就いたばかりであり、実現までにはまだまだ時間もかかりそうですが、新産業の創出にあたり、ビジネスチャンスにつなげられるよう準備だけはしておきたいと思いました。

 シグマがラスベガスのダウンタウンにPark Hotel & Casinoをオープンしたのは1987年の9月3日のことでした(同時期に、ミナミ電機の南学社長がデューンズカジノを、原宿セントラルアパートオーナーの安田銀二さんがアラジンカジノを買収され、当時は日本企業が揃ってラスベガスに進出するということで、大々的にニュースになりました)。
 ラスベガスのカジノライセンスを得るにはGCB(Gaming Control Board)というネバダ州政府の機関の審査を受けなければなりません。
 調査メンバーが来日し、数週間もの間会社に滞在し、会社や役員、株主などを、犯罪歴がないか、犯罪組織と関係ないか、資金調達や資本は適正かなど、徹底的に調査される風景を緊張して眺めていたことも懐かしい思い出です。

 オープンの時は私も社内報の取材でラスベガスまで出張させていただき、初めてのラスベガスにとにかく興奮したことを覚えています。
 取材では、Park Hotel & Casinoの社長ならびに支配人、ラスベガス市長へのインタビューに加え、厨房施設やセキュリティルームなど、普段見られないような場所にも特別に案内していただきました。

2014-01.jpg
Park Hotel & Casino

2014-02.jpg
ブラックジャックテーブルの前に立たれた真鍋社長

2014-03.jpg
Park Hotel & Casino社長

2014-04.jpg
 当時のラスベガス市長。市長は公職ですが兼業が許可されており、シグマの現地法人の販売部長を兼務されていました。

 真鍋社長の晴れやかなお顔が今も目に浮かんできます。
 あれから約30年、真鍋社長が夢見た日本のカジノオープンがやっと現実のものとして見え始めて来ました。
 とにかく楽しみで楽しみでしょうがありません。
 日本にカジノがオープンする日、私はどこで何をしているでしょうか。そこに関われるスタッフの一員になれていたら幸せです。
スポンサーサイト

本年も宜しくお願い申し上げます

本年も宜しくお願い申し上げます

 皆様、新年明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりましてありがとうございました。本年もフロックに倍旧のご厚誼を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 さて、皆様はどのようなお正月を過ごされましたでしょうか?
 私は三が日何の予定もなくのんびりするつもりでしたが、1月2日の夜、自宅で洗い物をしていたら急にお湯が出なくなり、給湯器のメーカーに電話をしたところ、エラーメッセージからサービスマンの点検が必要とのことで、翌日すぐに見に来て下さり、「残念ながら修理不能です。交換しかありません」と言われてしまいました。
 家を建てて16年、そろそろ壊れてもおかしくない時期ではあったかも知れませんが、よりによってお正月に壊れなくても・・・(泣)。
 結局、どこのメーカーも工事店も6日からの営業ということで、正月明けてから手配をお願いし、1月7日の朝一番から取り付けてもらい、やっと文明的な生活に戻ることができました。
  
 それにしても、蛇口からお湯が出ないというのは不便だということを何十年ぶりに思い出しました。
 小さい時、うちの田舎周辺ではどの家にも湯沸かし器などはなく、ストーブの上の大きなヤカンのお湯を家族四人で分け合って、洗面にも炊事にも使っていましたが、今思えばあの極寒の秋田で、よく水だけで過ごせたものだと思います。
 お湯が出ないと炊事をする気にもならず、お節の残りをチミチミと最小限のお皿で分け合っていただきましたし、歯を磨くにも顔を洗うにもいちいちお湯を沸かして使う生活を久々にしました。
 
 でも、なんと言ってもお湯が使えなくて一番困ったのはお風呂です。
 初日は台所で大鍋3つにお湯を沸かし、バケツリレーでせっせとお風呂場まで運び、何とか入りましたが、お風呂をいっぱいにするのに2時間かかり、一日でくじけました。
 2日目は年始の挨拶で川崎に住む親戚を訪ねて入れてもらい、3日目からは一番近い銭湯が営業を始めたので車で行ってきました。
 その銭湯もネットで色々調べましたが、家を新築して引っ越してきた頃には、すぐ近所に2軒あったのですが相次いでなくなっており、結局歩いて行ける場所にはなく、頼みのスーパー銭湯は正月人気で駐車場に入るのにも大渋滞が起きていました。
 家にお風呂のない方は年末年始どうされているのでしょうか、本当にお風呂屋さんの社会的な存在意義を実感しました。
 
 新年早々大出費になりましたが、これで今年の厄落としができたでしょうか。
 当番の方にはお気の毒と思いますが、メーカーさんが24時間365日電話対応して下さったことも助かりましたし、日ごろ当たり前と思っていたことのありがたさに色々気付かされたお正月でした。
 
 こんなつまらない話題で始まりましたブログですが、本年も一年間ご愛読いただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
プロフィール

株式会社フロック高倉章子

株式会社フロック高倉章子
新卒でゲーム業界に飛び込み早や35年目、日本のゲームセンターの歴史とともに歩んできた仕事人生でした。世界中のゲームに携わるお仕事をされている方たちが、笑顔になれるお手伝いをさせていただきたいです♪

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR