千鳥ヶ淵にて、改めて平和の大切さを胸に刻みました

 昨年から茶道を習っているのですが、先日、千鳥ヶ淵の墓苑でお茶会があり、一日野点のお手伝いをして来ました。
 荘厳な雰囲気の中、宗家による献茶式が執り行われ、戦没者の方々にお濃茶とお薄が捧げられた後、表千家、裏千家、合わせて4つの席が設けられ、来場された方々に一日お茶を差し上げました。
 私がお手伝いした席でもおよそ300杯のお茶を、お手伝いの方々と手分けして点て、朝8時から17時頃まで、雨が降って寒い中立ちっぱなしで、足は棒に、手は腱鞘炎になるほど疲れましたが、お陰様で初めて戦没者墓苑に伺い、手を合わせることができ、祖国の地を踏むことなく戦没された方々に、せめてものお慰めとしてお茶を差し上げるお手伝いをさせていただいたことに、心から感謝致します。

千鳥ヶ淵お茶会

 墓苑のおそばに、今上天皇の歌碑がおわしました。
 「戦なき世を歩みきて、思ひ出ず、かの難き日を生きし人々」
 天皇陛下は本日からパラオへ慰霊の旅にご出発され、明日にはペリリュー島もご訪問されるとのことです。
 昨年、こちらのブログでご紹介させていただきましたペリリュー島は、太平洋戦争の最激戦地の一つで、逃げ場のない狭い島の中で1万人の日本兵がほぼ全滅したという、大変悲しい歴史があります。
 今回のご訪問で、どれだけの方の魂が慰められることでしょう。
 http://kit2002.blog60.fc2.com/blog-entry-52.html

 はからずもこの時期に千鳥ヶ淵を訪れたことで、私たちの世代が平和を守り、次世代に美しい日本を、平和な世界を繋いでいかなければならないとの思いを新たにしました。

スポンサーサイト

本年度も宜しくお願い申し上げます

 一昨昨日、中国より帰国しました。
 中国ではCIAEショーならびに広州市内のゲームセンターを視察してきました。
 ショーの様子を端的に言い表しますと、各社とも技術レベルが一段上がり、オリジナル商品も増え、大変見ごたえのあるショーだったということです。
 中国のゲーム市場は低迷しているとは言え、日本の市場の数倍はあります。メーカーも大小合わせて何百社もあり、今後もどのようなアイデアのゲームマシンが出て来るのか、とても楽しみです。
 今回もまた中国の皆さんから、たくさん元気をいただきました。ありがとうございました。

IMG_3053.jpg


 昨日より当社の第9期事業年度がスタート致しました。
 前期も無事に終了することができましたこと、心より感謝申し上げます。

 今年度はゲームセンターにとってどのような年になるのでしょうか。
 カジノ法案の本格化、風営法改正への期待など、当業界を取り巻く環境は「変化」がキーワードになると思いますが、「お客様に笑顔になっていただきたい」という基本的な姿勢さえ忘れなければ、業界の屋台骨が揺らぐことはないと思います。

 今年度の私のモットーはこちらです。
 「いつも明るく前向きで、夢と希望を抱いて、
         素直な心でお仕事させていただく」
 
 誰にも負けない努力で頑張りますので、本年度も倍旧のご厚誼のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。
プロフィール

株式会社フロック高倉章子

株式会社フロック高倉章子
新卒でゲーム業界に飛び込み早や35年目、日本のゲームセンターの歴史とともに歩んできた仕事人生でした。世界中のゲームに携わるお仕事をされている方たちが、笑顔になれるお手伝いをさせていただきたいです♪

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR