FC2ブログ

中国GTIショーを視察して

 先月、中国広州市で開催された『GTI ASIA CHINA EXPO 2011』について、概要をご報告します。

------------------------------------------------------------------------------------------------
1. 名  称   広州アミューズメントマシン国際産業展(GTI ASIA CHINA EXPO 2011)
2. 開催場所  中国/広州市
3. 開催期間  2011年8月25日~27日
4. 出展社数  第1回2009年  110社
           第2回2010年  135社
           第3回2011年  195社
5. 来場者数  第1回2009年  12,541名(19カ国)
           第2回2010年  約20,000名(国別未集計)
           第3回2011年  約38,000名(国別未集計)
6. 特  徴    台湾の業界団体GTIの主催中国国内のアミューズメント関連ショーとしては年間最大
------------------------------------------------------------------------------------------------

 一昨年よりスタートし第3回を数える今年のGTIショーは、まさに世界最大のショーとも言える大盛況ぶりでした。

 一昨年初めて見た時は、展示機械の7~8割程度が日本製品もしくは日本製品のコピーで、中国製品は完成度も低く、まだまだ日本のメーカーの脅威になるようなことはないと思いましたが、昨年、今年と、回を重ねる毎にオリジナルの比率が増え、出展ジャンルが幅広く、また、同じジャンルの中でもたくさんのメーカーが競合し合い、完成度の高い製品を作るようになってきました。ガラパゴス化が進み、マニアなジャンルに偏った近年の日本のショーとは違い、マシンのすそ野が広い、見応えのあるショーとなっていました。

 世界のアミューズメントの中心は間違いなく中国に移っています。日本はもはや諸外国からアジアのアミューズメントのリーダーと思われていないかも知れません。それは、真っ向勝負からそうなったのではなく、日本の各メーカーが世界各国の市場が望む機械を作るのをやめてしまったからに他なりません。諸外国どころか、日本の多くのオペレーターでさえ、諦観と失望感を抱いているのではないでしょうか。

 会場には何百人もの日本人の業界関係者が来場し、皆さん一様に熱気と活気に感心されていました。今後、中国からいかに機械を仕入れるかが日本のオペレーション再生のカギになってくるのかも知れません。

 当社はメーカーでもオペレーターでもありませんが、だからこそ、客観的に見られる部分があるのではないかと思っています。今回の中国のGTIショーが日本のゲーム業界にとって、また昔のような活気を呼び戻す刺激になってくれればと願いながら見て参りました。

 GTIショーの会場内と広州市内のゲームセンターを撮影してきました。ご覧になりたい方は弊社スタッフまでお申し越し下さい。
  
------------------------------------------------------------------------------------------------
これからの海外の主要なショースケジュール

  ●G2Eショー(米国/ラスベガス)   2011年10月4~8日
  ●ENADAショー(イタリア/ローマ)  2011年10月12~14日
  ●G&Aショー(中国/中山市)     2011年11月3~5日
  ●IAAPAショー(米国/フロリダ)    2011年11月14日~18日
  ●CIAEショー(中国/広州)      2012年3月9~11日

※視察を希望される方は、お気軽に弊社販売担当者へお問い合わせ下さい。
------------------------------------------------------------------------------------------------


 「新鮮」と「前進」の一環として、ホームページをリニューアルしました。トップページをデザインして下さったのは、シグマ時代にシグマの会社イメージに関わる印刷物(会社案内、製品カタログ、カレンダー、店舗キャンペーン販促物等)のほとんどをお願いしていたデザイナーさんです。イラストの何とも言えない味わいが大好きで、フロックの社名ロゴもこの方にお願いしました。

 季節によってトップページのイラストも変えていきますので、どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

株式会社フロック高倉章子

株式会社フロック高倉章子
新卒でゲーム業界に飛び込み早や35年超、日本のゲームセンターの歴史とともに歩んできた仕事人生でした。世界中のゲーマーとゲームに携わるお仕事をされている方たちが、笑顔になれるお手伝いをさせていただきたいです♪

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR