広州GTIショー2017に行ってびっくりして来ました

 9月13日から15日まで、広州のGTIショーに行って来ました。
 
 今回の中国出張で一番驚いたことは、ショーの内容もさることながら、ホテルや一部のレストランを除いて、ほとんどのデパートやショッピングモールで、クレジットカードが一切使えなくなっていたことでした。
 支払方法は、『アリペイ』『ウィチャットペイ』『アップルペイ』『現金』の4種類のみです。
 現金以外の3種類はすべてスマホをかざすだけで決済できます。
 店舗だけではありません。
 ゲームセンターの中や、街中に設置されている自動販売機、マクドナルドの注文に至るまで、私が見ていた限り、中国人で現金を出している人は一人もいませんでした。
 頼まれて日本の化粧品を買って行きましたが、ウィチャットで払いたいと言われ、友達同士のお金のやりとりも、すべてSNSで完了です。
 私のような旅行者はクレジットカードが使えないので、現金を出すしかありません。
 今年3月に広州に、また、4月には北京にも行きましたが、まだクレジットカードは使えていました。
 聞いてみたら、カード会社は手数料が高いので、使えなくなった店がどんどん増えているそうです。

IMG_2129_20170927180555279.jpg

 写真はショッピングモールのブティックのレジです。支払方法を表示しています。
 左から『アリペイ』『ウィチャットペイ』『アップルペイ』、アップルペイを試しましたが、何かシステムが違うのか、私の携帯からでは決済できませんでした。
 
 さて、本題のGTIショーですが、大変なことになっていました。
 今年は史上最多の524社が出展しているとのことでしたが、その展示品のほとんどがクレーン等のプライズ機、もしくはVR関連でした。

IMG_2552.jpg

 今、中国は空前のクレーンゲームブームで、設置数は10万台以上だそうです。
 ゲームセンターだけでなく、ショッピングセンターやデパートのエントランス、階段、廊下、映画館、本屋、レストランなどのほか、果ては道路までにも、街中のいたるところに設置されています。
 そして、その支払いはもちろんすべて『アリペイ』『ウィチャットペイ』なので、そういったシステムを標準装備として、百社百様のマシンが並んでいました。

IMG_1929.jpg

IMG_2551.png

 もうひとつの特筆事項としては、箱型のカラオケBOXが同じく街のあちらこちらに設置されていました。
 日本でも一時流行し、それが現在の部屋式のカラオケBOXに発展していきましたが、中国では先に部屋式が流行り、今は箱型に進化した形です。
 買い物の合間に、人と待ち合わせしている時など、お手軽でいいですよね。

IMG_2178.jpg

 GTIショーでは、VR関連も多機種、多品目にわたっていましたが、一番面白かったのはVRカラオケです。
 ヘッドマウントディスプレイをつけた私の前には、何万人もの観衆が手を振って私を応援してくれていますし、曲を童謡にセットすると、私の周りでアニメの動物たちが踊ります。
 歌っていて、とても気分が良かったです。

無題

 中国ではかつて飲料の自動販売機ですら、金庫のお金を狙って破壊されるので置けないと言われていましたが、街中にこういった無人機がどんどん設置されています。
 日本が電子マネーの普及に汲々としているうちに、中国ではSNSマネーがスタンダードになり、財布や現金を持ち歩く人がいなくなりました。
 一説によると、脱税のしようがなくなるので、政府が国策として強力に推し進めているそうです。
 8年ぐらい前でしょうか、中国に行き始めた頃、私のi-phoneを見つけると「見せて見せて」と、色んな人が珍しがって触ってきたことが、今はもう昔の話です。
 果たして、日本が向かう方向は、そしてそのスピードはどうなのでしょうか・・・









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

株式会社フロック高倉章子

株式会社フロック高倉章子
新卒でゲーム業界に飛び込み早や35年目、日本のゲームセンターの歴史とともに歩んできた仕事人生でした。世界中のゲームに携わるお仕事をされている方たちが、笑顔になれるお手伝いをさせていただきたいです♪

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR