FC2ブログ

大連のゲームセンター

 JAMMAショーが終わり、中国の大連に行って来ました。
 大連には歴史的な建築物がたくさんあり、今もそのまま使われています。かと思えば近代的な高層ビルもあって、歴史と現代が入り混じった不思議な町でした。
 今回はゲームの仕事とはまったく関係のない新規事業での出張でしたが、ゲーム業界に携わる一員としての基本ですので、市内のゲームセンターを見て回って来ました。
 大連市内には十数店のゲームセンターがあり、少し古い日本製品中心の営業をしています。比率としては日本製品65%:中国・台湾製品35%といったところでしょうか。
 人気があるのはドライブゲーム、ビデオゲーム、メダルゲームですが、中でもどこのゲームセンターでもほとんど満席だったのがリデンプションのメダルゲーム機でした(セガさんのキッズ屋台村風の屋根のない筺体)。
 海外のゲームセンターではほぼリデンプションが認められており、人気の中心はリデンプション機です。景品は日本のプライズ様のものや日用品、電化製品など、全部その辺で買えるような商品ばかりですが、やはりゲームの結果が形になるというのは人間の本能として好まれるのでしょう。

 各国を見て回って思うことは、アメリカをはじめとするほとんどの国で、また、賭博を厳しく罰する中国でもリデンプションが認められているのに、なぜ日本だけリデンプションが認可されないのでしょうか。
 日本には賭博行為刑法185条および186条に「賭博及び富くじに関する罪において賭博行為を禁止する」という条文があり、これに抵触するということでゲームセンターでのリデンプションは禁止されています。
 ただ、実際に海外のゲームセンターをご覧になられた方であれば同じ感想と思いますが、ゲームセンターにおけるリデンプションは「賭博」とはまったく異質なものです。むしろ縁日の輪投げや射的の延長といった感じでしょうか。市民感覚と行政のとらえ方にはそれほど隔たりがあるということです。
 リデンプションは、携帯アプリやコンシューマーゲームに押されて年々縮小を続ける業務用ゲーム業界の巻き返しのきっかけになるのではないかと思います。是非とも認可を期待したいところです。

 たまたま入ったゲームセンターの中に、セガさんの『お祈り大明神』がありました。店内に入ったところでちょうどボーナスゲームが始まり、6名ぐらいのお客さんが一斉に鈴緒を激しくジャランジャラン振り始め、何事が起こったのかとびっくりしてしまいました。
 私は世界のゲームセンターやカジノでシグマの機械を見つけると「まだ頑張ってくれてるんだ!」と胸が詰まってウルウルし、持っているハンカチやタオルで筐体を磨いてきてしまいますが、他のメーカーさんの機械でも古い機械を見かけると、「お、頑張ってるね!」と声をかけてポンと背中(?)を叩いてきます。
 メンテナンスが行き届いて、筺体もきれいでしたので、まだまだ大丈夫かと思います。日本のゲームセンターで現役を終えた機械に第二の人生があって、活躍できる場がある。素晴らしいことです。
 当社の業界での役割はまさにこの部分と思いますので、これからも頑張る所存です。

 今回の出張でも、たぶん一生のお付き合いになると思うような、たくさんの出会いがありました。
 中でも、素晴らしい仕事ぶりの女性三人とお会いしました。その三人は、レストラン経営者、エステティシャン、商社社長と、皆さんまったく違うお仕事ですが、共通するのは、プロフェッショナルに徹した、ほれ惚れするようなお仕事をされていたことです。
 仕事柄、日本中世界中の様々な職業の方とお会いしますが、性別、年齢関係なく、プロフェッショナルな仕事は人を感動させます。
 少しの間に本当に近しくなりましたので、別れ際にそれぞれ抱き合って涙ぐみながら再会を誓い、私も負けていられないと強く思いながら帰って参りました。

 本日よりホームページのトップページが秋バージョンに模様替えです。
 大連に行っている間に季節が一気に進んでしまいました。朝晩めっきり冷え込むようになりましたので、皆さんくれぐれもお身体にはお気をつけて下さい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

株式会社フロック高倉章子

株式会社フロック高倉章子
新卒でゲーム業界に飛び込み早や35年超、日本のゲームセンターの歴史とともに歩んできた仕事人生でした。世界中のゲーマーとゲームに携わるお仕事をされている方たちが、笑顔になれるお手伝いをさせていただきたいです♪

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR