お遍路さん始めました

 今週はじめ、初めて四国の地に足を踏み入れさせていただきました。
 松山の友人からご招待いただいたのですが、何かに呼ばれているような気持ちになって、どうしても行ってみたくなったのです。
 最初に日本に現存する12の天守のうちの一つ、松山城にお邪魔させていただきました。天守閣から松山市内を見渡す景色は壮観で、このお城にはかつてどのような生活があり、城主の加藤嘉明公はどんな気持ちでこの場所に立っておられたのかなど思いをはせるうちに、お城の気が私に満ちてくるようで、この地に歓迎されていることを実感しました。
 また、今秋より長期間の改修工事が予定されている、120年の歴史を誇る道後温泉のお湯はなめらかで、身体が芯から温まり、温泉が持つパワーを存分にいただいた気がしました。

 翌日は、シグマの真鍋社長の故郷、今治市まで足を伸ばしてみることにしました。
 社長のご出身は愛媛県越智郡清水村(現在の今治市)とお聞きしていました。
 たぶんご生家近くと思われる岩清水八幡宮に参詣し、すぐそばの栄福寺さんにお参りしたら、自然に納経帳を手にとっていて、図らずも、かねてよりいつかはと願っていた、八十八か所めぐりをスタートさせてしまいました。
 今回は、今治の栄福寺さん、仙遊寺さん、松山の石手寺さんの3カ所を回り、残り85カ所です。

 お遍路は同行二人(どうぎょうににん、一人ではなく弘法大師様がいつも寄り添って歩いて下さる)という言葉の意味ぐらいは知っていましたが、参拝の作法も何も知らず、お寺さんでご朱印帳をお渡ししたら、ほかの方が一回り大きい帳面を出されていて、お聞きして初めて八十八か所専用の「納経帳」というものがあることを知った次第です。 
 
 お寺さんとお寺さんの間が場所によっては何十キロも離れていて、踏破には最低でも1カ月以上かかるとお聞きし、歩き遍路は無理だと分かりましたので、とりあえずは車で一巡し、いつか歩いて順打ち(最初の札所から番号順に四国を時計まわりに巡拝すること)をしたいと思います。
 何年かかるか分かりませんが、必ず成し遂げるつもりです。

 東京やほかの地域とは明らかに雰囲気が違う霊場としてのお寺さんを回ってみて、信仰がいかに人々の心のよりどころになるのか、自分の気持ちの変化からだけでも分かったような気がして、今回来させていただいたのは、やはりどなたかのお導きだったのではないかと思っております。
 また、お接待文化が根付いた松山の方たちの温かいおもてなしの心に触れて、温暖な瀬戸内の海や山の恵みをいただいて、疲れ切っていた心身が思い切りリフレッシュされたとともに、すっかり四国にはまってしまいました。
 この度お世話になりました皆様には、この場をお借りして、心より感謝申し上げます。

 ちなみに、本年9月に開催されるAOU全国大会は愛媛県で、松山市内だけでも5か所、県内全域では26カ所の霊場があります。
 もしご一緒されたいと思われる方がいらっしゃいましたら、いつでも同行歓迎致します!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

株式会社フロック高倉章子

株式会社フロック高倉章子
新卒でゲーム業界に飛び込み早や35年目、日本のゲームセンターの歴史とともに歩んできた仕事人生でした。世界中のゲームに携わるお仕事をされている方たちが、笑顔になれるお手伝いをさせていただきたいです♪

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR